解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

自動車保険を安くする方法

ここでは、実際にこれまで自分で加入してきた任意自動車保険について、どのような人がどのような保険会社と契約したら良いのかについて、ご説明いたします。

実際に自分で契約していない自動車保険については書きませんのでご安心を・・・。

 
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

 

最初に任意自動車保険に加入する際には、保険の代理店経由で契約をするか、インターネット通販型の任意自動車保険会社と直接契約をするかによって、全く保険加入のタイプや目的が異なりますので、最初に保険に加入する際にはどちらを選ぶかになります。

一般的にはインターネット通販型の任意自動車保険というのは、大抵が保険料が安く設定されていることが多くて直接代理店にいかなくても自宅でインターネット経由で契約できるのが特徴ですから、誰とも合う必要がなく、お手軽なのはこちらの方です。

誰とも合う必要がないインターネット経由での任意自動車保険の場合、最初からある程度の保険の知識がある人でないと、どの保険が自分にあっているのか分かりませんし、保険会社のサイトで説明を見ても中々分かりにくい部分がたた出てくるかと思います。

 

 

インターネット通販型の保険会社は初心者向けではありません。

 

インターネット通販型の任意自動車保険というのは、私が加入しているソニー損保の公式サイトを見れば分かりますけど、初心者の方で初めて車を購入するような方向けではなくて、既に何処かの任意自動車保険を契約していて、長年交通事故を起こしていない人で年間の走行距離が少ない人を対象としているのがよく分かります。

また、ノンフリート等級が高くて事故を起こしていない人、更には走行距離が少ない人を積極的に勧誘しているのを見ても分かる通り、インターネット型の任意自動車保険と言うのは、免許取りたての初心者ではなくて、ベテランを主なターゲットにしてます。

それとは反対に初心者であっても歓迎して引き受けてくれるのが保険の代理店であり、保険料は若干ソニー損保等の通販型の任意自動車保険会社と比べると高くなってしまいますが、直接専門家と対面してから詳しい説明などをしてくれるのがポイントです。

この代理店契約とインターネット通販型の直接契約のどちらが良いのかについては、先ず保険料を安くしたいのか、それとも事故の際にサポートしてくれる手厚い保証が欲しいのかによって全く変わってきますからどちらを取るかになります。

例えば、インターネット通販型のソニー損保の場合、ポルシェ911ターボやフェラーリのような高額なスポーツカーについては、車両保険には一切加入ができませんので、最初から保険の代理店での任意自動車保険契約の相談になります。

インターネット通販型の保険会社の場合、車両保険のランクが9扱いになっている事故率の多い車、盗難率の多い車の場合、車両保険には加入できませんから、スポーツカーやランドクルーザーなどについては代理店経由の方が良い場合があります。

 

 

初心者や高額なスポーツカー、盗難率が多い車などは代理店がお勧め。

 

年齢が20歳とまだ若くて、事故率や盗難率が大変高いスポーツカーであるマツダのRx7FD3SとかホンダのNSX、ホンダのインテグラTYPE-R等に乗りたい人は、最初からもう確実に保険の代理店に相談をするのがベストになります。

基本的には、初心者で免許を取り立ての人の場合は、保険の代理店に相談をして直接相談を受けながら、任意自動車保険を契約するのがお勧めであり、ある程度車に慣れてきて走行が少なく保険料を安くしたい人はインターネット通販型の保険になります。

また、ベテランでノンフリート等級が20等級の人でも、年間の走行距離が15000キロを超えるように毎日相当な距離を確実に走行する人は、普通に保険の代理店経由でそのことを説明しながら保険の契約をした方が適切な場合が多いです。

ランドクルーザー200などのように盗難率が異常に高い車の場合、過去に盗難被害の経験があると車両保険になかなか入れない場合もあるのですが、その場合は代理店経由で保険に入るとすんなり車両保険に加入することができる場合もあります。

代理店の実力次第では、私も以前経験したんですけど、保険会社と交渉をして車両保険の金額も高く調整してくれることもありますが、それらは代理店の実力次第になりますし、インターネット型の任意自動車保険は車両保険についてはあまり融通がききません。

 

 

契約する保険会社は好きなところでよく、問題は契約内容になります。

 

では、一体どの保険に加入したら良いか言えば、正直って後は好みの問題になりますので、交通事故の際に保険料の支払いを拒否されたとか、担当者の態度が悪かった等の場合を除き、ソニー損保でも三井住友でも好きなところに入っておけば、後でいつでも保険会社は変更することが可能です。

ですから、これまで色々と任意自動車保険に加入してきましたが、お勧めな保険会社については、どれでもかまわないので保険の契約内容と契約先が代理店経由なのか、等級が高い人限定でインターネット通販型の直接契約なのか、これくらいに注意しておけば大丈夫です。

任意自動車保険を選択する時、重要なのは契約する保険会社ではなくて、その保険内容になりますのでご注意下さい。

特に免許取りたての初心者の方の場合は、対人無制限、対物無制限、人身傷害無制限、一般車両保険のみに加入しておけばよく、他の降りても特約のようなオプションなどは全く必要ありませんのでシンプルに纏めて下さい。

また、最初の1年間だけでも良いので、初心者で運転免許取り立ての人は、必ず一般車両保険をつけた任意自動車保険保険に加入しておく事を強くお勧めいたします。私も最初の年に保険料をケチってエコノミー車両保険にしてしまい、自損事故を起こして保険料は1円も出なくて大変な事になってしまいました。

ただ、現在私が加入しているソニー損保の場合は、ロードサービスの付加価値がありますから、もしもの時にレスキューを依頼すると結構な費用を請求されてしまう状態になりますので、それが心配であればロードサービス対応の保険契約もありですね。

 

保険料が気になるのであれば、保険の一括見積りをしてみましょう。

 

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

 

当ブログの任意自動車保険のコンテンツはこちらからご確認下さい。

解決カーライフ © 2017 Frontier Theme