解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

初心者最強ジムニーの弱点は高速道路と交通事故

車の運転免許を取得したばかりの初心者の人の場合、私も実際に当時いろいろな車の運転をしましたけど、スズキのジムニーの運転が最もしやすくて、車庫入れからシフトチェンジ、悪路の走行や視界の悪い時の運転など、どれをとっても本当に楽でした。

特にMTのシフトチェンジも大変しやすいですから、私の場合は初心者の頃には最初にジムニーでセカンド発進の方法を覚えることになりましたし、半クラッチ操作で坂道での停車をする際にもジムニーは本当に運転の練習をする車としては最適でした。

初心者の時にマツダのRX7とか日産のシルビア、三菱のランサーエボリューションも後輩から車を借りて運転してみましたが、正直言って、これらの車は免許取りたての初心者が運転するには任意自動車保険の保険料の事を考えても全くお勧めできない車です。

 

 

ロードスターとジムニーは初心者の運転の練習に最適です。

 

もう一つ、マツダのロードスターも初心者の運転を練習する車としては申し分ないんですけど、オープンにしない状態では後方視界がかなり悪いこと、車高が低くてボディーが丸っぽいので免許取立の最初は車両感覚が分かりにくいことが欠点になっています。

また、ロードスターはFRですので、天候の悪い際には初心者が調子になるとあっという間に制御不能になりますし、それなりに加速もよくスピードが乗る車なので、リスクを考えると4WDで速度が乗らないトルク重視のジムニーの方が安定感があります。

初心者の車庫入れの練習に限って言えば、オープン状態にしたロードスターよりも扱いやすい車はなくて、車庫入れの練習をするだけでしたらロードスターの方が良いのですけど、総合的に運転をする場合はMTの運転を極めたい人以外はジムニーが良いです。

 

初心者の車庫入れが最も簡単な車はオープン状態のロードスター

 

 

ジムニーはタイヤが大きく縁石や路側帯の段差も無視できる安定さ。

 

ジムニーが絶対的に初心者に向いている要因としては、車高が高く大きなタイヤを装着したジムニーであれば、路側帯の縁石も一切無視して運転をすることが出来るくらい悪路に強車であることと、車庫入れ等が本当にしやすい事が挙げれらます。

ある程度運転に慣れてくると、ジムニーのメリットは殆どなくなってきて、その頃にはジムニーのデメリットの方が目立つようになってきますので、最初はジムニーの中古車を購入してから運転の練習をしていき、1年後に乗り換える予定でも良い感じです。

ジムニーの場合、初心者であっても購入して1年以内に車を自損事故で全損して廃車になったケースはこれまで聞いたことがありませんので、殆どの場合1年間はそのまま継続して所有することが出来るため、それから買い替えを検討しても良い訳ですね。

 

 

ジムニーで高速道路を運転するようになるとかなり疲れます。

 

実際にジムニーを購入してからしばらく運転していると分かるんですが、確かに初心者の練習として使う場合や、街乗りの車として使う場合はとても使いやすくて、荷物も人も乗せれますので、何ら不満はないのですが慣れてくると段々不満が出てきます。

スポンサードリンク




その不満の一番の内容が高速道路での運転を長時間するようになった場合であり、ジムニーの場合は4WDの軽自動車ですから速度重視の設計になっていないため、トルク重視の設計ですしエンジンパワーもランドクルーザーのように大排気量ではありません。

高速道路を長時間運転するようになると、ジムニーの場合はかなり疲れることになりますし、速度も遅く車の重量も軽いため安定感もありません。私が使っていたジムニーはサスペンションが固めだったので、乗り心地もお世辞にも良いとはいえませんでした。

ジムニーの場合、Type-Rのようなレカロシートを取り付けることも出来ませんので、シートもあまり良いものではありませんし、リアシートになるとちょっとこれで高速道路の長距離運転は足腰が痛くなるだろうとしか思えない位の内装になっています。

 

高速道路を疲労感なく長距離運転するなら大排気量のターボ車

 

 

ジムニーは軽自動車で走行ペラペラなので交通事故が心配になる。

 

ですから、確かに田舎の街乗りの車としてはスーパー林道も運転できますし、車幅も狭いので山奥の運転も離合もラクラクなんですけど、高速道路を頻繁に運転するようになると流石にジムニーではきついかな・・・と感じるようになります。

大体、片道100キロ位の運転を何度もしていると、ジムニーのきつさを感じるようになりましたし、自分では自損事故をすることが殆ど無いジムニーなんですけど、他人からフル加速で突撃されたら軽自動車故にかなりの損害を受ける事になります。

結局、ジムニーだけに限った話ではありませんが、軽自動車の場合は交通事故被害にあった際の損害が大きくなることが多く、高速道路の運転の問題もありますし、その後に普通車に買い換えることになる人も少なくありません。

 

スズキ・ジムニーの中古車を高く売る方法と一括査定

 

 

ジムニーは小型で小回りが効くので日本の道路事情に最適。

 

だからと言ってクロカン最強のランドクルーザー200の場合、性能は良くても大きすぎて日本では使い勝手がよくありませんので、4WDが好きならジムニーはセカンドカーに使うと使い勝手は大変良いですから、ベストな使い方なのかもしれませんね。

個人的にはジムニーのおかけで初心者の時に色々と運転の練習が出来ていましたので、初心者の方で特に田舎で生活をしている人なら一度、新型モデルは無駄に価格が高すぎますから、程度の良い中古を探してジムニーの購入を検討してみるのがお勧めです。

既にジムニーをお持ちの方であれば中古車として売られている理想のカスタマイズがされたジムニーを探して購入する楽しみもありますし、自分でカスタマイズしていく楽しみ方もありますが、最初にタイヤを可能な限り大きなタイヤに交換すると快適です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme