解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

ドライブレコーダー特集

ここでは車両に取り付けるお勧めのドライブレコーダーを紹介します。

 

ドライブレコーダーとはなんでしょう?

 

まずはじめに、ドライレコーダーについてご説明すると、これは車に取り付ける常時録画をしている監視カメラのようなものであり、一般的には車のフロントガラスのミラー付近、いわゆる道路交通法上取り付けても良い前方が見える場所に設置を行います。

そして、メインの電源やシガーソケットから電力をとり、車のエンジンをかけるとその直後からSDカードやマイクロSDカードなどに常時映像や音声を記録しはじめて、車のエンジンを切ると、ドライブレコーダーの録画も止まるようになっています。

※例外的にエンジンを掛けていない時でも指定の時間稼働するドライブレコーダーもあります。

 

 

ドライブレコーダーを購入するメリットは?

 

このことから、ドライブレコーダーとは、車のエンジンを掛けている最中は常に前方などカメラを設置した方向を記録しているため、交通事故などに巻き込まれた際には、後で当事者同士の話が食い違うことも多く、その際の証拠としてドライブレコーダーが役に立つことがあります。

ドライブレコーダーを取り付けていたら、必ず交通事故の際に役に立つと言うわけでもありませんが、交通事故というのはお互いが都合の良い主張を始めることも多く、その場合は言った言わないの水掛け論になるため、映像があるならそれで話がつくことも多いのです。

ドライブレコーダーを購入するメリットと言えば、まさに交通事故の際の証拠として使える事が最大のメリットであり、後は自分が運転している車外の風景を常に録画しているため、趣味でそれを利用すると言った活用法もありますが、やはり交通事故対策がメインになります。

ですから、余程の事情がない限りはつけておいた方がもしもの時の保険になります。

 

 

ドライブレコーダーはどれを購入すればよいのか?

 

現在は、色々なメーカーからドライブレコーダーが発売されているため、どれを購入すればよいのか分からない人、迷っている人もいるかもしれませんが、性能がよいドライブレコーダーほど価格が高くなるため、予算に合わせて好きなドライブレコーダーを買えば問題ありません。

その理由は、ドライブレコーダーは事故の際に100%役立つものではなくて、ドライブレコーダーをつけていないよりもつけていたほうが事実を証明するきっかけになるからであり、どこまでの品質を要求するかについては購入者が決めればよいからです。

所詮はドライブレコーダーの映像ですから、一眼レフカメラで動画撮影を行うような高画質な映像での記録はハイビジョンであっても出来るわけがありませんので、ドライブレコーダーに過剰な期待は禁物です。

ただし、ドライブレコーダーを購入する際の基本としては、映像と音声が両方記録されるもの、なるべく高画質で大容量のSDカードなどに対応しているものを選んでおけば、大抵は間違いはありません。

※予算のある人は高性能なドライブレコーダー、予算がない人は最低限度の記録をしてくれるドライブレコーダーを選択してみて下さい。

 

 

初心者やコンパクトなドライブレコーダーが欲しい人にはこれです。

 

コンパクトで場所を取らないドライブレコーダーになります。実際に自分の車につけているのですけど、一度も事故を起こしたことがないため、単なる飾りになっているは仕方ないとは言え、一通りの機能は備えているすぐれものです。

ただ、ちょっと電源ケーブルが長すぎるので、エーモンの配線止めテープで目立たないように車内で固定をしてから使っています。

ただ、殆ど車に乗らない状態が続くと、毎回充電が切れてしまっていて時計がリセットされて全然合わない状態になるのは、普段から車に乗っていないとどうにもならないのかもしれません。

解決カーライフ © 2017 Frontier Theme