解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

トヨタ・シエンタの中古車を高く売る方法と一括査定

トヨタが2003年から2010年まで発売していた、シエンタは1500CCのコンパクトカーながらも、7人乗りを実現しているミニバンであり、2代目からはハイブリッド仕様の車も発売されていてアクアと大変良く似ていますが、7人乗りがシエンタの特徴です。

シエンタの特徴としては7人乗りのコンパクトカーながらも、初代モデルはデザインが3回変わっていますので別の車のようにみえるかもしれませんが、初代モデルには3パターンのデザインがありフルモデルチェンジをした2代目とは見た目が全然違います。

シエンタの2015年から発売されている2代目のモデルはつり目になっていますので、見ればひと目で分かりますし、今風のトヨタのデザインですから、よりスポーティーな印象がありますし、燃費がかなり良くなっている事もあり、中古市場でも高価格です。

シエンタを高く売る場合、2代目なら年式も5年落ち以内の車しかありませんから、一括査定を行えば安定して高く売れますので、特に売却に苦労することはないのですが、流石に初代の10年落ち以上の中古車になると、売却時に苦労するかもしれません。

 

 

トヨタ・シエンタの中古車を高く売る方法と一括査定。

 

シエンタは現在は発売されていない車ですが、扱いが便利な7人乗りのコンパクトな車ですから、今でも需要がありますし、2代目のシエンタであれば、中古市場でも安定した価格帯で販売がされていますので、売却時にも安心して売却することが出来ます。

ただし、初代のシエンタになると中古市場では15年落ち以上の古い中古車もあり、その場合は一括査定を行っても買取価格がつかない場合もありますので、10年落ち以上の古いシエンタの場合は個人売買や譲渡も検討して宛がないなら廃車買取を使います。

スポンサードリンク




初代でも買取価格が全くつかない訳ではないかもしれませんが、販売価格が50万円の中古車をその後に売却しに行った場合、同じ店舗での買取価格が5000円と提示されたこともありましたので、一括査定をできるだけ多く行ってもよいのですが・・・。

 

 

シエンタを一括査定で売却する際のデメリットは時間が掛かること。

 

一括査定を利用すれば、確かにシエンタを高く売ることが出来るんですが、一括査定のデメリットしては複数の業者との対応を何度も行うことになることから、買取価格が5000円前後になりそうな中古車の場合は時間給に直すと赤字になる場合があります。

時間が有り余っている人なら別に何度も一括査定を行い、買取査定で査定をつけてくれる業者が見つかるまで一括査定を繰り返してもよいのかもしれませんが、価格に期待ができないと判断したら、早めに売却をする手続きをした方が無難な場合もあります。

初代でも後期型の10年以内の中古車や2代目のシエンタであれば、一括査定を何度も行ってより高く買ってくれる買取業者を探していく方法で高く売ることが出来るのですが、10年落ち以上の古い初代シエンタの場合は、落とし所を見つけることも重要です。

 

 

2代目シエンタを高く売るのであれば5年落ち以内に一括査定で売却。

 

シエンタは7人乗りのコンパクトカーで2代目からはハイブリッド仕様のモデルも有り燃費が良くて取り回しがよく、人も乗せれる車であることから今でも人気がありますので、年式が5年以内であれば、早めに売却をして高く売ったほうがお得になります。

一括査定の使い方はとても簡単で、シエンタのようなトヨタのメジャーな車の場合、最大手のカーセンサーに登録をすれば、業界最大手の中古車買い取り業者や販売業者から連絡がすぐに電話でありますので、対応が良さそうな業者なら査定の依頼をします。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme