解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

スバル・フォレスターの中古車を高く売る方法と一括査定

スバルが初代のモデルを1997年から発売しているクロスオーバーSUVであるフォレスターはその後に2代目が2002年に発売され、3代目が2007年に発売されて4代目が2012年から発売されていますので、現時点での現行型の最新モデルは4代目になります。

このスバルフォレスターですが、私の友人も所有しているんですけど、大変大きくて人も荷物も載る車である割に価格が結構新車でも控えめになっていることから、20代の年齢が若くてアウトドアを楽しんでいる人達にも人気があるのが特徴になっています。

感覚的にはスバルのインプレッサWRXStiがそのまま背が高くなったような車ですから、インプレッサが好きでもっとワイルドになった大型でウィンタースポーツ等を楽しんでいる若い人から人気があるらしくて、結構この車を所有している人がいます。

 

 

フォレスターはクロスオーバーでも価格が下がりやすい車。

 

一般的には本格的なランドクルーザーのようなクロカンは年式が古くなっても中古車相場が下がりにくくて、クロスオーバーSUVは普通の車よりは中古車相場が下がりにくい状態になっているのですがフォレスターはより一般車に近い中古相場になっています。

その為、スバルのフォレスターを高く売る場合はなるべく高年式の状態で売却をするのが高く売る方法であり、モデルチェンジがされる前で走行距離が少ない状態で売却をしたほうが良い訳ですから、売りたいと思った時に早めに売却をするのがお勧めです。

フォレスターを高く売る方法しては、一括査定を利用して売却をするのが適切であり、カーセンサー等の一括査定のサイトに登録をしてから必要な項目を入力していくだけで5分もあれば完了しますから、誰でも気軽に利用できるのがお勧めする理由です。

スポンサードリンク


インプレッサWRXの場合は、大変な人気車種ですし、所有者が車に詳しいこともあり個人売買をして一括査定よりも高く売ることも出来るのでしょうけど、フォレスターの場合は個人売買よりも一括査定で業者に売却をした方がスムーズな処理が出来ます。

 

 

5年落ちから10年落ちのフォレスターは一括査定で高く売れるのか?

 

高年式で現行モデルのフォレスターは中古相場でもかなり高めの価格帯になっている為、安心感があるのですが、10年落ちを過ぎてしまったフォレスターの価格はかなり低い中古相場になっている為、一括査定を利用する際にもより多くの査定が必要です。

5年落ちまでは中古車相場がゆっくりと下り、5年落ちから10年落ちの中古車であればググッと価格下がる状態になり、10年落ち以上の中古車になると一気に価格が下がっていくのはよくある普通のセダン等と同様な相場のラインになっています。

その為、同じフォレスターであっても、年式とモデル(初代、2代目、3代目、4代目)によってフルモデルチェンジされていることもあり、全く同じ方法で同じ買取店が高く買い取ってくれる訳ではありませんので、結果的に一括査定で複数の査定を行います。

 

 

フォレスターは名称が同じでも年式により価格が全然異なる。

 

中古車相場が高めになっている高年式で4代目のフォレスターの場合、一括査定を行っても買取査定をする業者によって10万円単位で価格差が出てきますので、なるべく多くの一括査定を利用しておいたほうが、相場よりも安く売ってしまうことはありません。

10年落ちよりも古いフォレスターの場合、一括査定を行っても高く売却をするのはかなり難しいことも多くて、状況により廃車引き取り業者に0円で売却をすることになるかもしれませんが、こちらも合わせて一括査定を利用して何度も査定をとります。

現在4代目のフォレスターを所有していて高く売却をする場合、5年落ちになる前で新しいモデルが発売される前に売却をしておかないと、現在の3代目モデル位の価格まで下がってしまうことが予想されますので、一括査定で早めに売却をしていきましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme