解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

日産・スカイラインの中古車を高く売る方法と一括査定

日産が1950年代から発売しているスカイラインは日本を代表するセダンであり、歴史的にベストセラーと言っても過言ではない認知度と人気がある車であり、スカイラインをベースに派生したGT-Rは世界的に大人気のスポーツカーとして認知されています。

スカイラインの特徴はチューニングと呼ばれる改造を施すことによりGT-Rに匹敵する性能を容易に引き出せることから、特に古い1970年代に発売されたハコスカと呼ばれているスカイラインは中古車市場でも圧倒的な人気を誇っていることで有名です。

それ故に一般的な中古車では見られない、新型の新車よりも旧型の40年落ち位の古い中古車のほうが価格相場が高騰している状態になっており、高いものでは1000万円を超えるプレミアがついていることもあり、今後も値上がりする要素しかありません。

 

 

日産・スカイラインの中古車を高く売る方法と一括査定。

 

スカイラインの中古車を高く売る方法は、一般的なセダンとはかなり異なっており、年式が古い中古車ほど相場が高くなっている事が多いスカイラインの中古車の場合、単純に3年、5年落ち以内で高年式の時に売却をすれば高く売れる訳ではありません。

また、一括査定で複数の買い取り業者から査定見積もりを取る場合でも、買取査定金額に大きな差が出る可能性もあることから、なるべく複数の一括査定を利用した方が良いのでカーセンサー、ズバット、エイチーム等の大手一括査定のサイトを利用します。

それにより、適正相場が分かりにくい古いスカイラインの本来の相場に見合った査定金額を知ることが出来るのできますので、それに合わせて旧車であれば個人売買で売却も検討しながら、年式が新しい中古車であればディーラーに下取りも検討していきます。

スポンサードリンク




 

 

3年落ちから5年落ち以内のスカイラインの中古車も一括査定?

 

登録から3年から5年以内のスカイラインの中古車の場合、ディーラーに下取りに出してもそれなりの金額で査定がつきますので、新しく他の日産の車に乗り換えるのであれば、スムーズな売却が行えるディーラーに下取りに出して売却するのも良い判断です。

一括査定で査定見積もりをすればディーラーに下取りに出すよりも10万円単位で売却価格が高くなことが多い、3年落ち5年落ちのスカイラインの中古車をより高く売りたい場合は、ディーラーに下取りに出すよりも一括査定で売却をした方が良いです。

1960年代から1970年代にかけて発売された40年落ち前後のスカイラインの場合、状態を問わず既にプレミア車として認知されている車ですから、絶対にディーラーに下取りに出したり、近くの中古車買取店には持ち込まないようにして一括査定を利用します。

 

 

旧型スカイラインの中古車相場は今後も確実に値上がりする。

 

現行モデルの5年落ちから10年落ち前後のスカイラインの中古車の場合でしたら、今後も中古車相場が高騰することはなくて、あとはひたすら暴落していくだけですのでなるべく早く売却をした方がよく、できれば5年落ち以内の間に一括査定を利用します。

スカイラインは新車よりも40年落ちの中古車のほうが価格が高騰している状態で、普通の人にはよく分からない状態になっていますから、売却をする場合は相場よりもかなり低めに売却するのを防ぐためにも、なるべく多くの一括査定を利用していきましょう。

特にケンメリと呼ばれている1970年代のスカイラインの中古車は既に40年以上経過している大変古い車ですけど、今でも人気が高くて新車のR35GT-Rよりも高額な中古車ですら存在している状態なので、売却時には時間をかけて相場を調べるのが必須です。

スカイラインを売却する場合、カーセンサー、ズバット等の大手の一括査定のサイトを一通り使ってみて、5年落ち以内の中古車であるならディーラーへの下取りも同時に行い、40年落ち前後の中古車ならネットオークションでの売却も検討しましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme