解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

マツダ・プレマシーの中古車を高く売る方法と一括査定

マツダのプレマシーは私の友人も所有していましたけど、ミニバンとしては比較的小型な車であり、セダンが背が高くなって室内空間が広くなったような感覚で荷物と人の両方を沢山運べる車ですから、交通事情が厳しい海外でも色々な場所で快適でした。

海外は日本とは異なり、道路交通法など無いに等しい国も多くて、路上駐車も想像を超えるようなマナーの悪い国もありましたから、プレマシーのようにミニバンとしてはとしては小型でセダンよりも大きくて空間の広い車は利用状況に大変マッチしています。

プレマシーも初代のモデルから、何度かモデルチェンジをしていますが、現行モデルの3代目でスカイアクティブエンジンを搭載しているプレマシーであれば、一括査定を行っても比較的高い金額で買取業者が買い取りをする車なので、一括査定は有効です。

それより前の初代、2代目の場合は、3代目よりは買取査定は当然下がりますけど、それでもコンパクトで使い勝手の良いプレマシーは価格重視の家族連れに結構な人気がありますので、一括査定で複数の買取業者から査定を行えばそれなりの査定は出ます。

 

 

マツダ・プレマシーの中古車を高く売る方法と一括査定。

 

マツダのプレマシーはミニバンとしては比較的に価格が安い車になりますので、日産のエルグランドのような高級感があるわけでもなく、実際に内装も普通で、運転していても普通のミニバンになりますので、一括査定を行う場合は例外なく年式に依存します。

プレマシーを高く売るのであれば、なるべく年式が新しい時に一括査定を行って売却をするのが高く売る方法であり、価格が一定水準よりも高いと感じるとプレマシーを狙って購入する人はいなくなりますから、価格の安さと使い勝手が重要な車です。

その為、3代目のスカイアクティブエンジンを搭載している現行モデルのプレマシーであり、駆動形式がFFであれば、4WDタイプよりも燃費が良くなりますから、一括査定を行えばそれなりの金額で多くの業者が買取金額を提示してくることになります。

通常の他の車種でしたらFFよりも安定している4WDの方が買取査定が高くなるのがセオリーなんですけど、プレマシーの場合はちょっと違っていて、価格が安いことと燃費がよくて維持費がなるべくかからないモデルが好まれる傾向にあるのが特徴です。

スポンサードリンク




 

 

最近のマツダ車としては珍しいディーゼル設定がないプレマシー。

 

ここ最近、マツダは低燃費で燃料代の低コスト路線で他のトヨタや日産のようなメーカーとは異なり、ハイブリッドで終わらすのではなくて、環境に良くて燃費が良いディーゼルエンジンを開発して、新しくモデルチェンジした車に搭載させてきています。

ただ、プレマシーに関して言えば、現行は通常のガソリン仕様のエンジンを搭載したモデルしか発売されていませんし、MT設定の車もありませんから、完全にスポーツ走行をしない低コストで快適な車を求めているユーザー向けに販売をしている車です。

それ故に、プレマシーの中古車を求めている人は、なるべく安くて程度が良い中古車が欲しい人が圧倒的に多い為、高くプレミア感を中古車に求める人もいないですから、どうしても年式が新しくて走行距離が少ないプレマシーの中古相場が高くなるのです。

 

 

プレマシーの中古車を求めている人はコスト重視で扱いやすい事。

 

私の友人がプレマシーを購入した際には新車で購入していましたし購入価格は海外なので関税やあらナンバーの費用やらで合計でプレマシーに600万円位かかったような記憶がりますけど、購入した理由は荷物も人も乗せれて扱いやすい車だったからです。

排気量も十分ありますから、高速道路でもホンダのステップワゴンのように運転が疲れてしまうこともありませんし、日産のエルグランドのような高級感を家族連れが求めているわけでもなく、コンパクトで扱いやすいミニバンを求める人が選ぶ車です。

ディーゼルエンジン設定がないプレマシーの場合、日本で中古車を求めている人は一番に購入コストを気にしているような層の人達なので、それを考えればプレマシーの中古車を高く売りたいのであればなるべく早く一括査定を行い複数の査定を取ることです。

プレマシーは現行モデルの3代目であれば確実にそれなりの買取査定が付きますので、何度も一括査定をしなくても早い段階で納得出来る査定が出るでしょうけど、初代や2代目プレマシーを高く売りたい場合はより多くの一括査定をすることになるでしょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme