解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

スズキ・スイフトの中古車を高く売る方法と一括査定

スズキから発売されているコンパクトカーであるスイフトは、公道を使ったレースで有名なWRCでもベース車両として使われていて、コンパクトながらも現在は貴重になった軽量スポーツカーとして多くの人気を得ているMT設定のある車になります。

スイフトは、一般向けの街乗りコンパクトカー仕様とWRCでも活躍しているスポーツタイプの仕様の車が明確と別れていますので、同じスイフトであっても購入者の層が全く異なる状態ですから、その種類により買取価格が異なることになります。

一般的にはスポーツタイプのスイフトスポーツの方が、レースのベース車両として欲しがっている人が多いので、ピンポイントで高く売りやすいことが多いのですが、一般向けのスイフトでもハイブリッド仕様であれば、高く売れる車ですから侮れません。

スズキのスイフトを高く売る場合は、売却したい車両のタイプがスイフトスポーツであれば、個人売買で買い手を探したほうが一括査定よりも高く売れますし、買い手も一定の層が安定して存在しますから、出来れば頑張って探してみるのがお勧めです。

 

 

スズキ・スイフトの中古車を高く売るには一括査定が有効です。

 

スズキのスイフトの中古車を高く売るのであれば、5年落ち以内であれば高年式車として一括査定を行えば高く売ることが出来ますし、10年落ちであってもソコソコの値段で売ることが出来、流石に10年以上経過した中古車は若干売却が難しくなります。

10年落ちでも買取価格がつかないことは無いでしょうから、古いスイフトの場合は一括査定を使えば大抵はどこかの買取業者に売却をすることが出来ますので、後は少しでも高く売却するために、一括査定を何度も行うことになるのが面倒です。

スポンサードリンク


ただし、スイフトスポーツタイプの場合、年式が古くても走行距離が5万キロ、10万キロを超えていても、個人売買でしたらある程度の金額で売ることが出来ますし、高年式のスイフトスポーツであれば、かなりの金額で売却をすることが出来る人気車種です。

個人売買が難しいようでしたら一括査定を使えばよいだけなんですけど、一括査定の場合はスポーツタイプの車の買い取りに積極的な買取業者と苦手とする買取業者とにハッキリと別れることが多いですから、なるべく多くの買取査定を行う必要があります。

 

 

スイフトを高く売るためには車の種類を見分けることが重要。

 

スポーツ設定のあるスイフトの場合、通常のスイフトとスイフトスポーツでは全然車の仕様が違ってきていますし、見た目意外にも性能も走りの特性も全然違いますので、スイフトとスイフトスポーツを欲しいと思う人の層がぜんぜん違うのが最大の特徴です。

単にエアロや見た目だけの違いではなくて、スイフトスポーツにはMTがありますし、詳細もかなり違った特注品のような設計になっていますから、軽量コンパクトなスポーツカーのベース車両が欲しい人であれば、スイフトの中古車なら結構興味を持ちます。

しかし、このスイフトスポーツに興味持つ人達はスイフトのハイブリッド車の走行距離が少なくて年式が新しい中古車をみても全く興味を持ちませんので、価格が安くても購入することはありませんから、個人売買をする際にはその点に気をつけておきます。

一括査定でスイフトを高く売りたい場合も同様に、通常のスイフトなのかスイフトスポーツなのかで買取価格に大きな差を提示してくる買取業者も少なくありませんから、町あげて本来の相場よりも安く売ってしまわないように、慎重に査定を行います。

スイフトの場合スイフトスポーツは他のスイフトと大きく状況が異なりますが、一般的なスイフトの場合は年式が新しいほど、ハイブリッド車である程一括査定の査定金額が高くなる傾向にありますから5年落ちより古いスイフトは時間をかけて査定をします。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme