解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

ダイハツ・ハイゼットカーゴの中古車を高く売る方法と一括査定

ダイハツが1960年代から発売しているハイゼットカーゴは一般的なプライベート利用よりも商業的な利用目的で使われることが多いベストセラー的な軽ワゴン車であり、今でも売れ続けていることからその需要の高さが分かる背の高い軽自動車になります。

最近では、ハイゼットカーゴを福祉用車両とかキャンピングカーとして利用する需要も増えてきていますので、年式が新しいハイゼットカーゴであれば、新車で仕入れるよりも価格が抑えられる事から、買取価格も積極的な価格になっている事が良くあります。

ハイゼットカーゴの面白いところは、後部座席以降を全て取っ払い、2人が丁度寝れるよなベッドスペースに改造しているキャンピングカーが多いことであり、車中泊等も楽しめますし、災害時などでも足を伸ばせて寝れる広さがあるのは魅力的といえます。

古い5年落ち、10年落ち、それ以上に古いハイゼットカーゴの場合は、流石にキャンピングカーであるとか福祉車両に改造している車は殆ど見られずに、多くが個人利用ではなくて、商業的な利用で個人商店や法人などの小規模事業者が営業車に使っています。

 

 

ダイハツ・ハイゼットカーゴの中古車を高く売る方法と一括査定。

 

ダイハツのハイゼットカーゴを高く売る方法としては、中古車を一般の人が売買する際に最近よく使われる事が多い、一括査定を行えば単純に高くれる車ではありませんので、主に年式と走行距離に合わせて、一括査定を有効に使う方法で売却がお勧めです。

その理由としては、ハイゼットカーゴはかなり古い年式の車が沢山今でも現役で活躍しているため、5年落ちや10年落ちくらいでしたらまだまだ全然普通に利用できる車である事から、15年落ち以上の古い車でもない限り、査定がつかない事はありません。

スポンサードリンク


状態にもよりますけど、10年落ち位のハイゼットカーゴでしたら、一括査定を行えば査定が普通につきますので、後は一番高い買取価格を提示してきた買取業者との最終的な価格交渉をすればよいだけなので、それ程高く売る売却は難しくはありません。

新しい年式のハイゼットカーゴであれば、大手のカーセンサーの一括査定に登録をするとすぐに複数の業者から連絡があり、買取価格を決める査定の日程を決めることになりますから、後は納得する査定金額が出るまで、一括査定を繰り返すことになります。

 

 

古いハイゼットカーゴは一括査定よりも個人売買の方が高く売れます。

 

ハイゼットカーゴの場合は10年落ちなどはまだまだ新車と変わらない雰囲気で商用目的で、個人商店などが弁当の配達や花束の配達などで利用している人も大変多く、今でも15年以上の古いハイゼットカーゴを使われている方も沢山います。

その場合は一括査定を行ってもよいのですが、流石に15年以上落ちで走行距離が10万キロ以上になると、希望する売却価格で売却をすることが一括査定を利用したとしても難しい事がありますので、その価格に納得が出来ない場合は個人売買がお勧めです。

個人売買でハイゼットカーゴを売却すれば、一括査定で業者が提示してきた買取価格よりも高く売却できることが多いですから、最初に一括査定を行い複数の買取業者から査定を行った後に、個人で買い取りを規模する人を探す方法があります。

普通の軽自動車の場合は、個人売買をしたくても買い手が中々見つからない場合が多いのですが、ハイゼットカーゴの場合は個人商店を開業している人、これから開業しようとする人が必ず欲しがる車ですから、探せば欲しい人が見つかる可能性が高いのです。

軽自動車は維持費も保管料もは安く済みますし、ハイゼットカーゴのように高年式であれば福祉車両として使えたり、キャンピングカーとして利用できる要素があり、古い車の場合は、商業車両として人気がありますので、一括査定と個人売買を併用します。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme