解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

トヨタ・86「ハチロク」の中古車を高く売る方法と一括査定

トヨタが2012年から発売している86(ハチロク)はかつてトヨタが発売していたAE86トレノ、レビンが某漫画、イニシャルDの影響で大人気になってしまって、昭和50年代の中古車なのに普通に300万円を超えている車もある影響を大いに受けています。

トヨタが86という名称の車を発売するとの報道があり、どのような車になるのか楽しみにしていた人も多いかと思いますが、実際にはAE86のように軽量コンパクトで扱いやすい車ではなくて、今の安全基準に適したどっしりとした車になった状況です。

この86とAE86の違いが分かりにくい事もあり、車に詳しくない人で漫画のイニシャルDを見たことがある人なら、86と言えばAE86のイメージが強いんですけど、この新しい86も普通にFRでAE86の後継車になりますので、違いを憶えておくと便利です。

トヨタの86を高く売りたい場合は、この車は比較的新しい車であり一番古い初代の86でも5年落ち位になりますので、平均的に高く売れる要素のある車ですから特に苦労することなく売却をすることは出来るのですが、やはり一括査定を行うと高く売れます。

 

 

トヨタ・86(ハチロク)の中古車を高く売る方法と一括査定。

 

トヨタが発売している現行型の86を高く売る方法としては、一括査定で複数の買取業者から査定を取り、一番高い金額を提示してきた業者に売却をするのが有効なのですが、この車にはTRDが限定モデルを販売している点がポイントになります。

TRDと言うのは、トヨタのチューニング部門のブランド名のことで、86をサーキットで走行するためのレース用車両としてメーカー純正のチューニングを施して100台限定の特別限定車86GTターボ(14R)として、台数限定で発売していました。

スポンサードリンク




この86GTターボ(14R)でしたら、一括査定で売却をするよりも、状態が良ければ個人売買で売却をした方がより高く売却できる要素が強い車ですので、一括査定で複数の買取業者から査定見積もりを取りながら、ネットで買い手を探す方法もあります。

それ以外の普通の86の場合は、比較的新しいスポーツカーですが特別な車でもありませんから、一括査定を行い複数の買い取り御者から査定金額を取りながら一番高い金額を提示してきた買取業者に売却をする流れで査定を納得するまで何度も行います。

 

 

新車で86が購入できない若い人は中古車を求めるのがポイント。

 

トヨタから発売された86は既に新車の価格帯が300万円前後と今の時代に合わせて高額になってしまっていますので、若い世代の人は新車で購入したくても金銭的な事情から購入出来ないことが多く、その際には中古車の86を購入することになります。

その為、中古車で5年落ち位の86は、価格が新車よりも大幅に安いことからある程度の人気がありますので、一括査定を行った際にも買取業者から買い取りについての連絡がある程度は見込めますから、売却をしたくなったらその時に高く売るようにします。

TRDの限定86GTターボについては、金銭的にかなりの余裕がある人専用の車になってしまっていますけど、普通の86で5年落ちくらいの中古車は価格もこなれてきて軽自動車よりも安くなっていますので、新車が買えない人にも人気があるのが86になります。

5年落ちのように古くなるほど価格が安くなるため、需要がある86の中古車の場合は、一括査定を利用して売却をする際にも出来る限り売りやすい環境がありますから、連絡をしてきた中古車買取業者と積極的に価格交渉をするのも十分にありです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme