解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

マツダ・RX8の中古車を高く売る方法と一括査定

マツダがロータリーエンジンを搭載したRX7の後継車種として、大変厳しい経営状況の中、RX7では全く実用性がなかったリアシートに実用を持たせて、4人乗りの観音開きのロータリーエンジンを搭載した車を開発したのはもう2003年の頃の話になります。

RX8はRX7とは方向性が若干違っていて、ロータリーエンジンを搭載したスポーツカーのコンセプトは変わらないのですが、RX7のように走りやパワーを重視した車ではなくて、4人で快適に運転や移動を行えるスポーツカーになりますから、結構貴重です。

RX8は2012年に発売が終了していますので、現在は新車で購入することは出来ず全て中古車での購入になりますが、噂ではRX7の新型が発売されるとの話も出ていますので、もしRX7の新型が発売されるとRX8の中古車に影響が出てくる可能性があります。

 

 

マツダ・RX8の中古車を高く売る方法と一括査定。

 

マツダが2012年までに発売していたRX8は一般的なレシプロエンジンを搭載した車とは異なり、マツダ独自のロータリーエンジンを搭載している車になりますので、扱い方が若干特殊で走行距離が5万キロ、10万キロを超えると調子が悪くなると言われます。

その為、中古車ではエンジンのオーバーホールが前提になることも多くて、過走行の中古車は価格がかなり安くなることもありますし、年式が古くなっているマイナーチェンジ前の初代RX8等は中古車価格が格安の10万円前後で売られていることもあります。

ただ、RX7同様に販売終了間際に発売されたスピリットRの状態が良い中古車は200万円から300万円前後で中古車が流通している事も多く、RX8は走行距離とグレードで高く売れるかどうかが大きく異なるのですが、一括査定を利用すると高く売却出来ます。

スポンサードリンク


 

 

10年落ちで走行距離が10万キロを超えたRX8は高く売れる?

 

ロータリーエンジンを搭載しているRX8で10年落ちで走行距離が10万キロを超えている中古車については残念ながら高く売却をするのが大変難しいことや個人売買で売却をする場合は、信用ができてロータリーエンジンの知識がある人出ないと厳しいです。

ロータリーエンジンは走行距離が増えるほどレシプロエンジンよりも調子が悪くなりやすくて、個体差もあるのでしょうけど定期的なエンジンフルオーバーホールが必要になる車ですから、RX8も例外なくそれに該当しているので中古車相場は下がります。

RX8を高く売却するには、今後プレミアが付く車ではなくて、現時点でも一世代前の車であるRX7の中古車のほうが相場価格が圧倒的に高くなっており、人気もありますから、RX8を売却したいと思ったらなるべく急いで売却をしたほうがよいですね。

 

 

走行距離が少ないスピリットRなら高く売れる可能性があります。

 

RX8の場合は年式も重要なのですが、走行距離が更に重要になっていて、走行距離が5万キロを超えてしまった中古車は急激に査定金額が下がってしまうことが多いですので走行距離が3万キロ以下で状態がよいRX8であれば、早めに一括査定を利用します。

年式は5年落ちよりも新しい中古車は存在していませんので、5年落ちについてはRX8に関しては気にする必要性はないのですが、走行距離がなるべく増える前に一括査定を利用して査定を受けておいほうがよく、特にスピリットRであれば尚更お薦めですね。

ロータリーエンジンの特徴としてはなるべく状態がよくて走行距離が少ない中古車を選んだほうが良いので、そうでない場合はエンジンオーバーホールが前提の購入になることも多く、一括査定でRX8を高く売るコツとしては、なるべく急いで売ることです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme