一括査定の買取業者と価格交渉を即しない方が良い理由

所有している車を高く売却する際には、ディーラーに下取りに出すよりも、近くの買取専門業者に買取を依頼するよりも、ネットで一括査定を行い、複数の買取業者に価格を競わせてオークション形式に近いような方法で車を売却する方法が流行っています。

実際に、ディーラーに車を下取りに出してもあまり高く買ってくれませんので、乗り換えをスムーズにしたい等の他の目的があり、買取価格は二の次な忙しい人でしたら、一括査定を行い沢山の連絡が来るような面倒な売却方法を選択する必要はありません。

一括査定は確かに高く車を売却できる要素はあるんですけど、車の正確な査定金額を出すには現車を必ず確認しないと出せませんから、査定の回数が増えるほど、その分手間暇がかかりますので、それに使う時間コストをどう評価するかは個人の判断です。

そこで、一括査定を行い、出来る限り車を高く売りたい人に対して、複数の買取業者から査定が出たらより高く売るために、価格交渉をしたほうが良いと言った話がよく聞かれるんですけど、正直言って価格交渉は安易にしないほうが良いことも多いのです。

 

 

一括査定の買取業者と価格交渉をしない方が良い理由。

 

通常は、車を高く売りたい場合は、買取金額をしてきた業者と交渉をした方が高くなると思われがちですし、確かに高くなることもあるのですが、それは営業での交渉に慣れている人や、買取業者しか所有していない相場のデータを持っている人の場合です。

しかし普通の人は車そのものに詳しくなくて、専門の営業マンとの交渉などしたこともなくて、更には業者しか知らない中古車オークションの相場価格も知らない人が殆どですから、この圧倒的に不利な条件で、専門の営業担当と価格交渉をしたらどうなるか?

自分では高く売ったつもりでも、実は相場よりもかなり安く売ってしまっていて、営業担当者の場数を踏んだ営業センスに負けてしまって中途半端な知識でついつい話に納得してしまい、本来は他の業者に売るべきだったのに流されてしまうことになります。

スポンサードリンク




買取金額提示してくる買取業者と言うのは、車の査定と買取を行としているプロであり、普段から毎日のように多数の車の査定を行いより安く仕入れようとしているいらゆる、中古車を安く仕入れるプロの営業担当であることを事前に理解しておきます。

 

 

一括査定の買取業者は安く車を仕入れるプロの営業担当者。

 

案外、知らないとか勘違いしている人が多いのですが、一括査定に登録をして買取業者から沢山の連絡が来ますが、買取業者は車を高く買ってくれる業者ではなくて、出来る限り安く車を仕入れようとしているプロの営業担当であることを最初に理解します。

その為、彼らは事前に業者用の中古車オークションの相場を確認してからそれより確実に安い金額を提示しながら、どこまで安く仕入れることが出来るかの腹の探り合いで対応をしてくることが殆どあり、その中で高い金額の業者を利用者が選ぶだけなのです。

欲しい車を安く仕入れようとしている相場価格を知っているプロ相手に、いきなり素人が価格交渉をしてもそんな交渉はこれまでに何度も経験している車を安く仕入れるプロからすれば、中途半端な知識を持っている人ほど、誘導尋問しやすいのは当然です。

 

 

一括査定の買取業者と価格交渉を行うタイミングは査定が出揃った後。

 

何もしない人が、ネットで見つけた良く分からない知識の情報源を信じてしまい、いきなり積極的に価格交渉をしてしまう気持も分かるのですが、それでは高く売れる車も高く売れなくなりますので、普通の人は黙って多くの査定を行うのが高く売るコツです。

買取業者と価格交渉を行う場合は、ある程度の査定が出揃ってからであり、その時点で交渉が決裂いしても良い業者と本命の業者を選別しながら、最高金額を提示してきている業者以外と、自分が把握している最高金額以上の査定が出せるのかで交渉をします。

いきなり買取業者と価格交渉を始めてしまうと、いつの間にやら一括査定をしたのに最初の買取業者に相場よりもかなり安く売却をしてしまい、一括査定を利用して意味すらなかったことになりかねませんので、一括査定で多くの査定を出していきます。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク