10年落ちの中古車を一括査定で高く売るには2番目と交渉

車を高く売却したい場合は、ネットで検索をすると一括査定をお勧めするサイトが沢山出てきますが、一括査定をすれば常に車が高く売れるわけではありませんし、単純に多くの買取業者が同時に同じ車を査定するだけの確率の話になるのがポイントです。

一括査定で車の買い取り査定を行った場合、1社から査定を取るよりも5社、10社から査定を取ったほうが良いことには間違いなんですけど、その際に買取業者と査定金額についての交渉をしてしまうと、車によっては逆に高く売れなくなる場合もあります。

その典型的な事例が10年落ちの一般的なフィットやマーチ等の車であり、台数が多く出ているフィットやマーチの場合、10年落ちになると車両本体価格が10000円位で売られていることも多くて、業者としては車検整備で何とか利益を出している状態です。

 

 

商売の基本は売れない商品は安く買い叩くか仕入れないことです。

 

このように、業者から見て買い取っても殆どメリットがない10年落ちの一般車の場合は、下手に買取交渉をしようとすると、だったらウチはもう良いですといって、それで対応が終わってしまって買取査定をする以前に対応が終了してしまうこともあります。

ネットでマーチやフィットを高く売る方法を調べていて、一括査定を行い買取業者から連絡があり査定をしたら価格交渉をしましょうとよく見かけますけど、必ずそれをやったほうが良いわけではなくて、逆にやらないほうが良いことだって当然あるのです。

商売の基本を考えれば分かるんですけど、多くの人が欲しがっている日産GT-RやホンダのNSXやシビックタイプRのような車の場合、一括査定を行って強気で値段交渉を行えますし、回転率が良くて安定して売れるハイエース等も交渉の余地があります。

しかし、マーチやフィットのように、別に希少性もなくて大量の台数が出回っている一般車両の場合、10年落ちになると買取価格がつけば良い方であり、査定を行っても0円の査定がつくことも珍しくないですから、これで強気の交渉は当然できません。

スポンサードリンク




 

 

10年落ちの一般的な車の場合は交渉するよりも数をこなすのが基本。

 

国産車の中でも10年落ちでも20年落ちでも中古市場で高い相場を維持している車もあるんですけど、それらは大抵がスポーツカーのような特別な車であり、一般的なコンパクトカーは例外なく10年落ちになると買取価格が限りなく0円に近くなるものです。

その為、10年落ちの車をある程度の金額で買い取ってくれる業者がいるだけでも素晴らしいことになる訳ですし、大手であれば買取金額0円で提示してくることも珍しくありませんので、高く売るコツとしてはローカルの買取業者を優先させる事になります。

ローカルの買取業者も一括査定に加盟していることも多く、一括査定のサイトの登録をした後に連絡をしてくることもありますから、大手のブランドバリューを意識せずに、聞いたことが無い買取業者であっても丁寧な対応をすると話が進むこともあります。

 

 

10年落ちの車を高く売るなら2番めの金額を提示した業者と交渉。

 

需要がないもの、売れないものを売却するのは相当大変ですし、更に高く売るとそれなりの時間を使って買取先を探すことになりますので、10年落ちの車を高く売る以前に、買い手を探すのであれば、一括査定は有効ですから、積極的に利用してきましょう。

ただし、買い取りを希望する買取業者から連絡があっても、必要以上に欲張って価格交渉行わずに、一旦キープをしながら他の買取業者から連絡があるのを待ち、その中で高い金額を提示してきた2番めの業者から価格交渉を始めるのがベストな方法です。

10年落ちの車に対して、1番高い金額を提示してきた買取業者は本命の保険のような存在なのでそのまま手付かずにしておき、2番めのどうでも良いけど頑張ったら金額が高くなりそうな業者と交渉を行い、幾らまで出せるかの交渉を行います。

そこで交渉が決裂したら、そのまま1番目高い金額を提示した買取業者に売却を行えば良いですし、交渉がうまくできれば2番めの業者に売却を行えば良いですから、それ以外の買取業者は最初からスルーしてもかまわないと思って下さい。

殆どの場合で、10年落ちの一般的な車の一括査定を行った場合、一番高い金額を提示してきた買取業者よりも高い金額を提示する他の業者はいませんので、上手く行けば2番めの買取業者から上乗せできるつもりで、遠慮なく交渉をしていくのがポイントです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク