解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

マツダ・CX-5の中古車を高く売る方法と一括査定

マツダが2012年から発売しているクロカン4WDと言えば、ご存じCX-5になる訳ですが、この車のデザインはマツダが発売しているコンパクトカーのデミオと大変良くいていてデミオがそのまま大きくなったような車ですし、マツダの特徴あるデザインです。

クロカンですけど、4WD以外にもFF仕様モデルも用意されていて、FF特有の取り回しが好きな人でしたらFFを選択できる点も特徴的で、比較的新しい設計の車になりますので、燃費なども十分に考えられたスカイアクティブエンジンになっています。

一般的にクロカン系と言えば、4WDが当たり前のような世界なので、FFの設定があるCX-5はFFが好きな人にとっては結構貴重であり、6速MTが用意されているのもオートマを受け付けない人にとっては重要な判断要素になりますので、流石はマツダです。

ここ最近のマツダは勢いに乗っている状態ですし、新型デミオはコンパクトカーなのにディーゼールターボの設定がなされている車になりますので、正直言ってマツダの車を選ぶ時はどれを購入するのかかなり迷ってしまう嬉しい悩みが発生する状態です。

 

 

マツダ・CX-5の中古車を高く売るには一括査定が有効です。

 

CX-5の場合、現行の2017年モデルの他には2012年に発売された初代CX-5しか在りませんので、一括査定で複数の買取業者から見積もりをとれば、他の車種のように買取ができないとか査定が極端に低くなる要素がありませんので、一括査定は大変有効です。

クロカンの特徴としては年式が5年落ち、10年落ち、走行距離が5万キロ、10万キロに到達しても、中古車の相場が安定していることが多くて、特定のスポーツカーのように極端な値上がりはしませんけど、全体的に中古相場が安定しているのが特徴です。

スポンサードリンク


その中でも、CX-5は比較的新しい設計の車ですから、10年落ちの車自体が現在存在していませんので、一括査定で査定を行った場合、必ず複数の買取業者から一定以上の査定が出る車になりますから、後は幾らで買い取ってくれるかだけの話になります。

これから5年後、10年後になるとCX-5も10年落ちより古い中古車が出てくることになりますので、その時はどうなるのかは分かりませんけど、現時点ではCX-5に買取金額がつかない状態になることはありませんので、5年落ちでも安心して売却が可能です。

 

 

CX-5の中古車はFFも4WDもそれ程大きな価格差はありません。

 

CX-5の中古車の特徴としては、走行距離やFFや4WD等の駆動形式の違いでそれ程中古相場に差がないことであり、基本的には年式で中古相場が確定しているような状態になっていますので、高く売るためには早めに一括査定を行うのがポイントになります。

ただし、年式が新しいLパッケージの4WDターボは中古相場でもかなり高めに金額になっていますので、グレードによって中古相場でも若干の開きが発生しますが、それ以外のグレードのCX-5が安いのかと言えば、決してそうではないのも特徴的ですね。

軽量コンパクトで燃費が良いCX-5は車両本体価格も安くて、デミオが大きくなったようなクロカンですから、使い勝手もよく経済性も高いので、一定の層から人気がある車ですから、中古市場でも安定して相場が推移しており売却時も安心感があります。

ただし、トヨタのランドクルーザーのように高額な車ではありませんので、一括査定を行えば買取価格に50万円以上の差がつくなどは無いのですが、それでも一括査定を行えば、複数の買取業者が価格を競い合いますので、高く売れる条件を備えています。

ディーラーで新しいCX-5に買い換えるのであれば、ディーラーで下取りに出せばスムーズに乗り換えは出来るのかもしれませんが、売却時の価格はあまり期待ができませんので、下取りに出すくらいなら最初から一括査定を行い高く売るようにします。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme