解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

マツダ・アテンザの中古車を高く売る方法と一括査定

マツダが発売しているスポーツユースにも人気のセダン、アテンザの特徴としてはセダン車であるにも関わらずMT仕様が最初から設定されている事であり、更にはディーゼル仕様、FF、4WD仕様といった幅位広い層に対応できる特徴あるセダンになります。

通常、セダンタイプの車でMTの設定がある車は殆どなくて、オートマが当たり前になってしまっているこの時代に普通にMT設定を用意しているマツダの開発陣のこだわりが感じられるアテンザは、スポーツカーから乗り換える家族連れも多い車です。

ディーゼルターボエンジンが搭載されているセダンも最近では殆ど見かけませんし、何でもかんでもハイブリッド車の設定になっている時代に、マツダだけは環境に良いディーゼルエンジンを開発しながらセダンタイプの車にもフィードバックをしています。

4WDでセダンと言えば日産のGT-RやスバルのインプレッサWRXを想像するかもしれませんが、アテンザ4ドアですし、ディーゼルエンジンを搭載しているタイプもありますので、経済的でトルクが下から出てくるディーゼルエンジンは街乗りでも便利です。

 

 

マツダ・アテンザの中古車を高く売る方法と一括査定。

 

マツダのアテンザの中古車を高く売る場合、それ程多くの台数が出ている車ではありませんが、一定の層のニーズに対応しているMT、4WD、ディーゼルエンジン搭載、と言った他では中々見られない特徴がありますので、中古市場でも安定しています。

ディーゼルエンジンのセダンは大変貴重ですし、ハイオク仕様のセダンが増えている中、燃料代が安いディーゼルエンジンは大変ありがたいですし、低回転からトルクがもりもり出ているディーゼルエンジンはセダンのボディを上手くマッチをしてくれます。

スポンサードリンク


アテンザにも通常のガソリンモデルやFF仕様もありますし、当然オートマ仕様もあるのですが、全体的に5年落ち以内のアテンザであれば、比較的それなりの買取査定がつくような状態になっていますので、一括査定を行っても安定して売却価格が付きます。

一番高く売れるアテンザの仕様は当然、ディーゼルエンジンで4WDのモデルになりますのでLパッケージディーゼルターボ4WDのグレードのアテンザをお持ちであれば、なるべく早い段階で一括査定を行い複数の買取業者から見積もりを取るのがベストです。

 

 

マツダ・アテンザは走行距離が5万キロ以内での一括査定がお勧め。

 

アテンザの中古相場は他のメーカーのセダンよりも安定しているものの、流通している中古車の数が比較的少ないこともあり、それ程多くの中古車販売店で見られる車でもないのですが、特徴的な仕様の車が多いので、それでも一定の買い手が存在しています。

モデルチェンジが行わる際には、他の車同様にアテンザも旧世代のモデルであれば、買取価格が下がってしまうことになるのですが、やはりそれでもディーゼルエンジンで4WDモデルであれば、中古相場が安定していて価格が下がりにくい特徴があります。

アテンザの場合も例外なく他のセダンと同じように、走行距離が5万キロを超えた時点で中古相場が大きく下がっていく傾向にありますので、アテンザを高く売りたい場合は、なるべく高年式の状態で走行距離が5万キロ以内で一括査定を行っていきます。

スポーツカーでしたら個人売買を行えば、一括査定よりも遥かに高額な金額で売却できる車が多いのですが、アテンザのようなセダンの場合、スポーティーなモデルであっても個人売買では買い手が中々つかないことが多いですから、一括査定が有効なのです。

最近のマツダの車の特徴としては、大変魅力的で他のメーカーとは異なり、何でもかんでもハイブリッドにしてしまう傾向がまったくなくて、燃費を良くするならディーゼルエンジンにして更に性能を高めて環境にも配慮する姿勢が素晴らしいところですね。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme