解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

日産・シルビアの中古車を高く売る方法と一括査定

日産が1960年代から2002年の間に発売していてたシルビアは扱いやすいFRスポーツカーであり、特にS13、S14 、S15はチューニングベース車両としても大変有名であり、初代CSP311に至ってはクラシックカーとして希少かつ高額な中古車になっています。

シルビアは運転技術を学ぶ車としても人気があり、発売が終了して15年以上経過している現在でも中古車相場は大変高くなっており、今後も値段が下がることはないでしょうから、シルビアを高く売りたい場合は、相場を見ながら売却時期が重要になります。

1960年代に発売された初代CSP311は中古相場が大変高騰していて、500万円から1000万円以上の中古相場になっていますので、ハコスカGT-Rと同様に既に一般の人が購入できない価格帯になりつつあり、最終型のS15も200万円から400万円が相場です。

 

 

日産・シルビアの中古車を高く売る方法と一括査定。

 

日産のシルビアは今後、新型車として再販されるのかもしれませんが、過去に発売されていたシルビアの人気が下がることはありえませんし、新車のシルビアが発売されると中古のシルビアが余計に値上がりする可能性がありますので実は資産性が高い車です。

シルビアの中古車を高く売る方法は個人売買で海外に売却をすれば、日本で中古車買取業者に売却をする金額の数倍で売却できる場合もありますので、海外貿易や通関取引に詳しい人であれば、個人売買で海外にシルビアを持っていけば、驚く金額で売れます。

普通は海外へのシルビアの売却は大変難しいので、その次に高く売れる国内での個人売買を検討してみて、合わせて複数の買取業者から査定見積もりを取る一括査定を同時に行えば、ディーラーや中古車買取業者に個別に売るよりも確実に高く売れる車です。

 

 

中古市場で高く売れるシルビアは状態関係無しでMTのみです。

 

日産のシルビアの場合、中古市場が大変高騰しており、古い年式のシルビア、新しい年式のシルビアに関係なくFRのスポーツカーですからMT仕様のシルビアが人気になっておりAT仕様のシルビアは中古市場ではあまり人気がなくて状態が良くても安いです。

スポンサードリンク




中古市場のシルビアは事故車が大変多くて、無事故車を探すほうが難しくなるくらいなのですが、逆に無事故車で状態が良いMTのシルビアであれば、相当高額な価格帯で売却することが出来ますし、そのまま所有しているだけでも査定金額は高くなります。

シルビアを高く売却したい場合、AT仕様はなるべく早く売却の手続きを来ない、MT仕様の場合は売却したい時に査定に出せば良いのですが、手元に所有ているだけで中古相場が高騰することが確実な車になりますので、売却時期を延ばすほど高く売れます。

 

 

日産シルビアを個人売買と一括査定を併用して高く売却するには?

 

シルビアの中古車は本当に人気であり、15年落ちでも新車当時の価格を超えている中古車も大変多く、初代に関して言えば1000万円前後の予算がないと購入することも難しくなっていますので、MT仕様のシルビアなら完全に売り手市場の車になります。

その為、高く売りたい場合は買いたい人が他の車よりも世界レベルで多いことから、海外への個人売買ができる人ならそれを検討して出来ない場合はヤフーオークションで個人売買で買い手を募り、合わせて一括査定で複数の買取業者から見積もりを取ります。

一括査定はカーセンサー等のサイトに登録をするだけで、早ければ5分から10分後くらいに買取業者から電話やメールで連絡が来ますので、高い査定をつけてそうな業者を選んで直接査定を行い、ヤフーオークション等でも同時に最低落札で入札を募ります。

 

 

完全に売り手市場のシルビアは強気で売却をするのがお勧め。

 

最低落札価格は簡単に入札されないように、かなり高めに設定しておいたほうが良くて、それで様子を見ながら一括査定でも同時に複数の買取業者から見積もりを取っていけば、完全に売り手市場の車になりますから確実に高く売却することが出来ます。

シルビアの中古車を売却する場合、相場が高騰していることもあり、なるべく多くの買取業者から査定見積もりを取っておたほうが良いので、必ず一括査定を利用して複数の買取業者に査定金額を競わせておき、合わせてオークションでも金額を競わせます。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme