失業して現金が必要になったら車を売却する方法もある

会社を突然リストラされてしまったり、退職をしてしまった場合、正社員であれば失業保険を使って3ヶ月から1年間くらいの間は仕事をしなくても何とか生活をすることが出来るのですが、その状況でもなるべく余計な出費は抑えたいと考えるのが普通です。

その際に家賃を安くするにしても、日本の賃貸不動産のシステム上、簡単に引っ越しが出来ない状況であることが多く不動産を借りるときにも職業が必ず必要になりますので、失業中は賃貸住宅の場合、その場所から移動するのが事実上不可能になります。

その為、一番高い固定費である家賃を下げることは出来ませんし、電気代や水道料金などを節約するにしてもそれ程の効果がありませんので、その場合、最も簡単に固定費を削減する方法としては、所有している車を売却する方法が最もお手軽になります。

他には食費を節約するなどもありますけど、やはり所有しているだけで税金や車検費用、更には都心であれば高額な駐車場代の負担は想像以上に大きいですから、車の売却を考える人が多く、更に車を売却した場合は瞬間的にまとまった現金も入ります。

 

 

失業した場合に車を高く売るにはどうすれば良いのか?

 

会社を失業した場合、真っ先に車を売却することを考える人が多いと思いますし高額な固定費も少なくなりますし、まとまった現金も車を売却するとすぐに入ってくるので失業している時には大変ありがたいこともあり、失業に合わせて車の売却を検討します。

失業をした後に車をなるべく高く売却する場合は、どのように売却をすれば良いのかと言えば、所有している車によってその方法も異なるのですが、基本的には個人売買で売却をするのが最も車を高く売る方法であり、希少な人気車種ほどその傾向にあります。

例えばホンダのNSX等をお持ちであれば、個人売買で売却をしようとした場合、すぐに買い手がつきますし、相当状態が良いNSXであれば、NSXや高級スポーツカー専門の買取業者からすぐに連絡が来ることになりますから、希望金額で売却可能です。

スポンサードリンク




ただし、個人売買には常にリスクが付きまといますし、車の事や契約関係、交渉に関する知識や経験がない人の場合は、相場よりも遥かに安く売却してしまいかねない状況になりますので、失業中にそのような交渉が正しくできるかがポイントになります。

 

 

失業した際には一括査定で車を高く売却したほうが良いのか?

 

では、失業した際には早めに車を売却したほうが良いのかと言えば、それについては当事者の判断になりますので、転職活動が長期戦になると思ったら一括査定を早めに行い、なるべく多くの買取業者から査定金額を出しておいて最終判断を行います。

一括査定と言うのは、買取業者に査定を依頼したら必ず売却をしないといけないものでもありませんので、買取業者から提示される査定金額を見て、納得できなかったらそのまま買取に出さずに車を所有したままでも問題はありませんので、心配は不要です。

失業している際には、日々減っていく貯金を見ながら今後の生活に大いなる不安を抱くことになる訳から、その不安要素を撤回するために、自分の所有する車の資産価値を事前に知っておくことは決して悪いことではありませんので、一括査定は有効なのです。

 

 

失業して転職先が決まらない場合は一括査定だけするのもアリ。

 

一括査定を行った際に、納得できる買取金額を業者から提示された場合、その際には車を売却しておき、固定費を大幅に減らした上で、まとまった現金も入手できますので、それを使って転職活動をする方法もありますし、転職まで耐える方法もあります。

車は所有しているだけでも相当なコストがかかりますから、リストラや倒産などで急遽職をなくしてしまった場合は、一括査定を行いなるべく高く売る方法も良いですし、一括査定を行って資産価値を理解した上で、何かの場合に売却する方針でも良いのです。

収入が途絶えてしまった際には貯金が最後の頼みになりますけど、更に現金が必要な場合、出費を抑えたい場合は一旦所有している車を一括査定で複数の買取業者から査定をとり、なるべく高く売却しておき精神的金銭的に余裕を持つことも大切ですね。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク