解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

ピロボールよりも強化アッパーマウントをお勧めする理由

車のサスペンションを交換する人、交換を検討する人は相当車に思い入れがある人で、大抵はスポーツカーに乗っていて走行性能を高くしたい人や車高を低くしたい人になるでしょうけど、車高を低くしたい人は走行性能が悪くなるのを覚悟しておいて下さい。

レーシングカー制作に関わるサスペンションのプロの話では、サスペンションは純正の車高で制作をするのが一番高い性能を発揮できるらしく、レーシングカーのように最初から低い車高で全体の設計がされている車以外は見た目の好みの問題になるそうです。

まあ、そうはいってもプロのレーシングドライバーでもない限り、車高調で車高を下げた車でも使いこなすのは難しいでしょうから、それ程違いはないのかもしれませんが、実際にプロが特注で制作をした純正車高のサスペンションは本当に凄い性能です。

 

 

ピロボールと強化アッパーマウントの2種類の必要パーツ。

 

車のサスペンションを交換する場合、純正のサスペンションであっても、社外品の車高調(車高調整が出来るサスペンションの事)であっても、必ずアッパーマウントマウントと呼ばれている、車のボティとの接合部のパーツを取り付けないといけません。

エンジンマウント、デフマウントと同じように、そのまま金属の車のボディにサスペンションを取り付けることは出来ませんので、必ずその中間にショックを緩和するパーツを取り付ける事いなるのですが、大きく別れて2種類のマウントが存在しています。

一般的な車や普通の人が取り付けるのが強化ゴム製の社外品のアッパーマウントであり、これは純正のアッパーマウントと全く同じ大きさで強化品のゴムを使って製造された強化パーツであり、乗り心地は若干悪くなりますが、サスペンションが安定します。

スポンサードリンク




それとは異なり、ピロボールを使っているアッパーマウントの場合、サスペンションと車のボディがダイレクトにつながりますので、より車の挙動が制御しやすくてサスペンションの性能も限界まで引き出せるのですが、乗り心地が極端に悪くなります。

 

 

ピロボールよりも強化アッパーマウントをお勧めする理由。

 

プロショップにサスペンションの取り付けの相談に行けば、必ずピロよりも強化アッパーマウントの取り付けを進められることになり、ナンバーを切っているサーキット専用車でもない限り、普通の人にピロボールの取り付けを進めることは先ずありえません。

理由としては、確かにピロボールと車高調の組み合わせは最もサスペンションの性能を引き出せてコーナリング性能も良くなるのですが、それはサーキットでの話であり、路面の悪い一般公道でピロボールを取り付けると乗り心地が極端に悪くなるからです。

それを理解した上で、ピロボールの取り付けをして欲しいと依頼をすればプロショップもピロボールで車高調と取り付けてくれるのですが、乗り心地の悪さに変更をする場合、また取付工賃と4輪アライメント調整料金が発生するのでお金が掛かります。

 

 

普通の人は強化アッパーマウントと車高調の組み合わせがお勧め。

 

一般的にナンバーの付いている車のサスペンションを交換する場合、ピロボールは必要ありませんので、強化ゴムで製造されている強化アッパーマウントを購入するか、プロショップに発注をかけて、サスペンションの交換依頼をしておけば間違いありません。

実際、私もサスペンションを車高調に交換する際には強化ゴムを使った社外品のアッパーマウントを使っていますし、友人たちも最近はサーキット専用車両を手放す人が多く、ピロボールを使っている人は殆どいないので、一般道路なら強化ゴムですね。

乗り心地に関しては、強化ゴムの場合は若干リニアに振動が伝わってくるようになりますので純正よりは悪くなりますが、ピロボールのように段差をマトモに走れなくなるくらいの不快感は発生しませんから、一般道前提なら強化アッパーマウントになります。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme