解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車高調に交換時の持ち込み工賃は1回で50000円位は必要

車の乗りごごちや運転性能を決める際に大変重要になるのがサスペンションであり、高性能なスポーツカーでもない限り、サスペンションを交換するとコーナリング性能が良くなったり、乗り心地が良くなったりと、金額が高いだけの費用対効果があります。

実際にレーシングカーのサスペンションを制作しているプロのメカニックが制作をしたサスペンションの性能は凄まじくて、コーナリングでもう限界に達している状態なのにまだ踏ん張りが発生している状態になりますから、殆ど反則のような状態になります。

それとは反対に抜けてしまったサスペンションの場合、タクシーに乗っているようなフワフワした状態になりますので同乗者が酔いやすくなったり、コーナリング性能が極端に悪くなったりしますので、早めに交換かオーバーホールするのがお勧めになります。

 

 

サスペンション交換のサインは車高調を購入する人が多い。

 

サスペンションを交換する際には、一番良いのがレーシングカーのサスペンションを制作しているプロのメカニックに特注品で制作をして頂く方法なのですが、コレは誰でも出来る方法ではなくて、費用も200万円以上必要になるので普通の人は無理です。

ですから、一般的にはサスペンションを交換する際にはオーリンズやビルシュタイン、TEIN等の社外品の車高調を購入する人が大半であり、費用も10万円台から50万円位で大抵の車種用の車高調を購入することが出来ますので、皆さん車高調を購入します。

車高調と言うのは、車のサスペンションのことなのですが、車高の高さも同時に変更ができる様になっているサスペンションの事で、車高調=サスペンションと思って頂いて間違いはなくて、車高調を変更する際には取り付けの際に事前に決めておきます。

 

 

車高調の持ち込み工賃はいくら位必要になるのか?

 

以前でしたら車高調を購入する際には自動車整備工場やプロショップでパーツを注文してから取り付けの依頼をする人が多かったのですが、その場合は定価に近い価格になってしまうことが多く車高調自体が安くないパーツの為、躊躇してしまう人が多いです。

スポンサードリンク




しかし、最近ではAmazonでも車高調がかなり安い金額で売られているようになりましたので、車高調のパーツ一式を自分で購入しておき、購入した車高調をプロショップに持ち込んで交換をする人も増えてきていますので、その際の工賃が気になるでしょう。

車高調を取り付ける工賃は、車種にもよるのですが通常は30000円位の工賃であり、更には四輪アライメントで20000円位の費用がかかりますので、合計で50000円くらいの予算を見ておいたほうが良いですから、以外に工賃が発生する整備になります。

 

 

車高調の取り付けや四輪アライメントはDIYでは難しい。

 

車高調の取り付けは工賃が高いからと行って、素人がDIYで出来る作業ではありませんし、専用工具がないと大変危険ですから、最初から専門家に任せておいたほうが良くて、四輪アライメントに至っては専門の設備がないと設定自体が出来ません。

その為、車高調の取り付けは工賃が高くても最初から整備工場やプロショップでの取り付けになりますので工賃として5万円位はみておいたほうが良くて、後は車高調の購入代金と同時に交換をするなら強化アッパーマウントも追加で購入しないといけません。

アッパーマウントと言うのは、車高調と車を取り付ける際の緩和剤のようなもので、通常は強化ゴムで製造されている強化アッパーマウントを車高調と同時に交換するのが理想であり、サーキット専用の場合はピロアッパーマウントを取り付ける人もいます。

ピロボールのアッパーマウントは普通の人が街乗りをするのには全くお勧めできませんので、余程走行性能を重視する人で、普段の乗り心地を捨てている人以外は興味を持っても強化アッパーマウントに交換をしておいたほうが後々後悔はしません。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme