車検切れの車は仮ナンバーよりもローダーで車引取がお勧め

海外に出張している場合や、仕事が忙しくて乗る隙がない人など、車を長期間に渡って乗らずに保管しているといつの間にやら車検が切れていることがあり、気が付かずに知らないまま公道を運転していると道路交通法違反になってしまいますので要注意です。

別に悪意を持って車検切れ、自賠責切れの車に乗っている訳ではなくても、一応車検切れの車は公道を走行できない決まりになっていますので、長期間に渡って車の運転を指定ない人は、車のエンジンを掛ける前にかならず車検切れの確認を行って下さい。

まあ、車検が切れるくらいの長期間に渡って乗っていない車は、すんなりエンジンが掛からないこともありますので、バッテリーの交換や充電も含めて、行きつけの車屋さんにすべてを依頼することになるかもしれませんが、自分で対応する方法もあります。

 

 

車検切れの車を自分で運転する場合は仮ナンバーを取得する。

 

車検切れの車を唯一合法的に公道で運転する方法としては、住所を管轄する役所に出向いてから仮ナンバーを取得して、自賠責が切れていれば自賠責に加入をしてから指定した区間のみの運転が許可されますので、通常は修理工場やディーラーを指定します。

結構面倒なのが、車検切れの車は自賠責も切れていることが大半なので、自賠責に加入をしてから役所に出向いて仮ナンバーの申請をすることになりますから、これが慣れていない人は結構手間暇がかかりますので、案外面倒な方法になるのがデメリットです。

仮ナンバーを取得後には、後は自分で運転をして行きつけのディーラーや整備工場にもちこみ、車検の依頼をすれば普通に車検整備が終わり、引き取りに行く際には仮ナンバーではなくて、通常のナンバーになっているので、そのまま普通に運転して帰ります。

スポンサードリンク




 

 

車検切れの車の車検を受けるおすすめの方法はローダーでの移動。

 

長期間放置しておいた車検切れの車は、どのような不具合が発生するか分かりませんし、車検が切れていることから仮ナンバーの取得をしないといけなくなるので、そんな面倒なことをするくらいなら最初から全てを専門業者にまかしておく方法もあります。

実際に、長期間放置していて車検が切れていた時に、いつものプロショップに相談をしたら、別のお客さんのBMWを納車するために近くにローダーでいきますので、私の車もついでに引き取っていいですよと言ってくれましたので、そのままお願いしました。

通常は、ローダー引き取りの場合はある程度の費用がかかってしまいますので、どうしても割高になってしまうのですが、行きつけの車屋さんでしたら、たまたま近くにローダーで移動してくる際には無料でローダーで引取をしてくれることも良くあります。

 

 

車検切れの車はローダーで業者に引き取って頂くに限ります。

 

自賠責に登録をして、役所に行って仮ナンバーを取得して、それから不安を持ちながら自分で運転をして整備工場に車を持ち込むよりも、最初から全てを業者に任せてローダーで引き取って頂いたほうが、とにかく全てにおいて楽ですから、おすすめです。

仮ナンバーの発行期間は1週間くらいですから、万が一、車検整備中に点火コイルが故障しているとか、その他のパーツが故障しているなどが発生した場合、色々と面倒なことになりますので、ローダーの費用さえなんとかなれば、ローダーが一番です。

ローダーでの引取をしたいけど、引き取りの際の手数料が気になる人がいれば、行きつけの車屋さんに相談をして、近くに来ることがあれば声をかけて欲しいと言えば、気前よく声をかけてくれますし、引き取りの料金も無料になる事があるのでお試し下さい。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク