東京都内で軽自動車を見かけない理由とは?

地方で車を所有している人であれば、軽自動車の人が圧倒的に多く、逆にランボルギーニとかフェラーリ等の高額なスポーツカーを所有している人は少なくなりますが、これには明確な理由があって、日本の地方では軽自動車がどこでも便利に扱えるからです。

また、東京都内は多額の税金を使い、道路網のインフラを徹底的に整備しているので、車高が低く、車幅が190cmを超えるスポーツカーでもラクラク運転できますが、地方の場合は道路が凸凹で狭いことも多く、普通車でも離合が面倒なくらいの状態です。

なので、運転中の離合も簡単で、買い物にも便利、人もそこそこ乗れて、維持費や税金が安い軽自動車が地方では人気なのは当然ですが、東京に住んで見ればわかりますけど、都心であるほど駐車場では軽自動車を見ることはなく、運転中も殆どみません。

 

 

東京都内で軽自動車を見かけない理由とは?

 

都内のそれなりのマンションであれば、大きな駐車場が用意されていますが、これまで自分が住んでいるマンション駐車場では軽自動車は見たことがなく、まれに他のマンションで軽自動車をみることも無いわけではないのですが、殆ど見ることはありません。

その理由はとても簡単で、東京で車を所有する場合、軽自動車のメリットが全く無くなりますし、車を持つ人、持たない人の考え方が極端に別れますので、それにより足代わりの移動手段に軽自動車を購入するという選択肢が殆ど無くなるのがその要因です。

何しろ、軽自動車の最大のメリットは税金が安いこと、維持費が安いことになるんですが、毎月の駐車場代が3万円から12万円という、高額な維持費が必要になる東京では、制約がある軽自動車よりも、普通車や大型の車を購入する人が多くなる感じですね。

スポンサードリンク




 

 

地方から東京に引っ越す場合に軽自動車はどうする?

 

転勤や転職など、仕事の都合などで地方から東京に引っ越しをする人の多くが、地方で所有している軽自動車は東京には持っていかない、実家においていくって人が殆どですし、移動手段としては電車が極端に発達している東京では軽自動車は意味がない??

軽自動車を持っていると、電車網が発達している東京であっても実は色々と便利に使うことはできるんですけど、その際に必要になる、毎月の3万円を超える高額な駐車場代について考えると、その対価を支払ってまで軽自動車を保つ必要はないと判断します。

東京では軽自動車に限らず車を持っているとかなり便利な生活になりますが、特に駐車場の維持費が極端に高くなりますので、そこまでして車を所有するのであれば、ある程度の金銭的余裕もあり、維持費が安いメリットしか無い軽自動車を選ばなくなります。

 

 

毎月3万円を超える駐車場で軽自動車を見る理由は?

 

東京に長期間住んでいて、車を所有していると分かるんですが、一ヶ月の駐車場代が5万円をこえるような物件の場合、先ず軽自動車を所有している人はおらず、ポルシェとかBMW等は当たり前で、お金が有り余っている人ならフェラーリ等を所有してます。

駐車場でもそういった車ばかり見かけますが、稀に駐車場内で軽自動車をみかけることもあり、それを見た友人があれ何?って不思議がるんですけど、経験上、都内の駐車場内で見かける軽自動車は車検時の代車であり、本人が所有している車ではありません。

車検をする際に工場側の都合で、軽自動車になるってことはよくありますし、車屋さんは維持費が安い軽自動車でないと、何台も代車を確保するのは大変なので、中古の軽自動車を使い潰すつもりで、代車としてお客さんに提供している事が東京でも多いです。

東京に引っ越す際に軽自動車を持っていくのは駐車場代が勿体無いと感じて実家においていく人が居ますが、そのまま長期間実家に戻らないのであれば、暴落しやすい軽自動車がなるべく高く売れるうちに、早期売却をしておいたほうが良いのでお勧めです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク