交通安全協会に入らないと車検は受けれないの?

運転免許証を教習所(免許センター)で取得するまでは、その存在すら知らなかった、交通安全協会という、警察の天下り組織があるんですけど、始めて免許を取得する際には、多くの人が騙されて交通安全協会に入会させられていたのが昭和の時代です。

この交通安全協会について、入会しないと車検が受けれないってうわさ話を聞くことがありますが、これは全くの出鱈目で、車検と交通安全協会への入会は全く関係ありませんので、車検を受けるために交通安全協会に入会するというのは間違っています。

多分、交通安全協会の関係者が流したデマだと思うんですけど、車検は誰でも受けれますし、車検を受けないと車を公道で運転することも出来ませんので、交通安全協会に入らないと公道で車を運転できない?、それでは誰も車を買わなくなってしまします。

 

 

交通安全協会に入らないと車検は受けれないの?

 

交通安全協会については、警察の天下り組織と言われていますし、実際に何をやっているのかも分からず、お金の流れすら分からない、しかし、何故か日本国内の免許センターに行けば、交通安全協会に入会しますか?、と警察官に質問される状態なのです。

その為、ついつい交通安全協会に入会する人もいますし、私も始めて免許を取得する際に、運転免許試験場で交通安全協会に入会するのが義務だと言われて、よく分からなく入会したことがありましたが、なんのメリットもなく、交通事故を起こしても無意味。

その後、交通安全協会について、ネットで情報が広まるようになると、誰も入会しなくなり、警察の天下りとか、巻き上げた会費で警察が飲み食いしているとか、良くない噂しか聞かない状態ですから、これで車検が受けれないとなったら、暴動が起きますよ。

スポンサードリンク




 

 

公道を走行するなら車検は義務になっています。

 

日本政府により、公道を運転する車については、必ず車検を受けないといけないと決められており、もちろん、車の性能としては車検を受けなくても普通に走行は出来るのですが、その場合、無車検状態になり、警察に摘発されてしまいますので駄目なのです。

車検を受けていない車が公道を走行すると、自賠責も切れている状態であることが殆どですので、その場合、罰金80万円以下、もしくは懲役1年6ヶ月以下・・・、これで人生終了してしまう訳ですから、交通安全協会に入会しないと車検拒否はありません。

車検については、実は無車検で公道を走行している車は相当な数存在しているらしく、そういった車は保険にも加入しておらず、交通事故を起こした場合、被害者のほうが泣き寝入り、相当悪質なひき逃げ事故等になることも多く、社会問題になっています。

 

 

警察が車検切れで走行する車の監視を強化した?

 

2018年ころから、警察が車検切れの状態で、公道を走行している車をナンバーで識別するシステムを導入しているらしく、これまでの偶然による摘発とは異なり、システム的に車検切れで走行している車を摘発するようになったとの報道がされていました。

現在、実際にそのシステムが使われていて車検切れで走行している車が摘発されているって報道は殆どみたことがないので、実際に運用されているか分かりませんが、車検切れで走行すると一発免停で、任意保険も使えませんし、何一つメリットはありません。

もし、交通安全協会に入会しないと車検が本当に受けれないのであれば、無車検で車を運転していて、警察に摘発された人が、必ず交通安全協会に入会するのが嫌だから車検を受けなかった・・・、こう言い始める訳で、そんな面倒なしくみにする筈がないのです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





Updated: 2020年5月29日 — 5:45 午後