コロナの影響で車屋さんが税金に困る程ボロ儲け?

2019年の年末頃から、武漢市が都市封鎖されるという異常事態になった直後、安倍政権が武漢市から大量の中国人を招き入れ、日本中にコロナウイルス感染症をばら撒いてから、既に1年以上経過しており、日本ではコロナの問題で大変な状況になってます。

その結果、飲食店や飲食店の取引業者等は次々と倒産、閉店をしており、企業もリストラが加速されて、仕事がないとか、仕事に困っている人も相当な数に上っていて、リーマン・ショックの時を遥かに超える大不況がこれからやって来ようとしています。

なので、日本全国で不況になっていてみんなが仕事に困っているか?と言えばそうではありません。知り合いのいつもお世話になっている車屋の社長さん曰く、儲かりすぎて税金の支払いが心配になっている状態とのことで、相当に車関係は儲かっています。

 

 

コロナの影響で車屋さんが税金に困る程ボロ儲け?

 

持続化給付金とか、家賃支援給付金とか、それらを申請しても全然足りずに、総合支援資金の申請もしている人が増えているとか、何でも、住民税非課税の世帯であれば、返済不能の貸付金らしく、もう、日本経済はシッチャカメッチャカになっています。

しかし、車屋さん、特にスポーツカーを専門に扱っている業者の場合、コロナ発生以降は売り上げが急激に増えてきていて、今でも仕事が多すぎて困っているし、税金が・・どうしよう?って話ばかり聞こえてきますが、これにはコロナがかなり関係してます。

コロナでなぜ?スポーツカー関係の車屋さんが儲かるのか?、コロナで大幅な規制がかかって、旅行にもかんたんにはいけなくなっています、飲食店に行くこともなくなり、業種によっては凄まじい金額の給付金や支援金がばらまかれると・・そうなります。

スポンサードリンク




 

 

お金の使い先がなくなり投資や車屋に流れる?

 

最近は、仮想通貨などもバク上げしていて、とんでもない金額になっていますが、市場に流れていた資金がだぶついてしまって、行き先がなくなると、投資や投機に流れるのは当然ですし、それだけだは足りず、スポーツカー系に流れるのも当然なのですね。

コロナの影響で仕事をなくして、その日の生活に困っている人も増えていますが、それとは逆で、お金の使い先が無くなってしまい、その影響で車屋さんに多額の資金が慣れているという・・・。まさに資本主義の権化って状況ですが、これが現実なんですね。

車関係は、コロナの前はお世辞にも良い状態とは言えず、特にスポーツカーを専門に扱うチューニングショップなどは売り上げが激減して、閉店するお店も増えていたのですが、まさかのコロナで、バブルのような状態になり大変忙しくなっている感じです。

 

 

税金が払えるのか?心配になる車屋の社長さん。

 

世が不況でコロナの影響だろうと、売り上げがバク上げしたらいいのでは?と思うかもしれませんが、何十億円も売り上げていて、原価率も低い業界なら別でしょうけど、車屋さんの場合、パーツは利益が低くて、工賃で利益を出している構造になっています。

なので、部品を沢山使うような整備の依頼が来た場合、工賃で利益を出していかないといけませんし、簡単に作業が終わるような依頼ばかりではないので、手間ひまがかかってしまい、売り上げが上がっても必然的に利益率もアップするかといえば微妙です。

売り上げが上がっていくと、連動して消費税も増えていくのですが、これが一番痛いらしく、このままコロナの影響で売り上げが上がっていくのは良いけど、税金が心配でたまらないって感じだったので、税金を60%以上も持っていく国が結局儲かってます。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク