日産のGT-RはR34とR35のどちらを購入すれば良いのか?

日産から発売されているスカイラインGT-Rの最終モデル(R34)と現行モデルである日産GT-R(R35)のどちらのGT-Rを購入すればよいか迷っているのであれば、目的と予算に合わせて明確の異なるこの二つのGT-Rのどちらを買えばよいか分かります。

R34はスカイラインGT-Rの名称で、R35は日産GT-Rの名称になっていますが、GT-Rが好きな人から見れば、スカイラインも日産もどちらでも良くて、GT-Rの旧型か新型かの違いですから、名称にはそれ程意味が無いのですが、全然車の仕様が違います。

R35日産GT-RにはMTの設定が在りませんので、MTの車を運転したい人は必然的にMTが採用されていた最終型のスカイラインGT-R(R34)を選択することになりますし、R34でしたら性能的に全く申し分ありませんし大変優れた4WDの車になります。

今後も新型のGT-Rが発売されたとしても、恐らくはMTの設定はないでしょうから、オートマのGT-Rが嫌な人であれば、必然的にR34GT-Rを選択するしかありませんので、予算の都合がつくのであれば、早めに中古車のR34GT-Rを購入しておきましょう。

 

 

正直言ってR34GT-Rの中古車とR35GT-Rの中古車の予算は変わらない。

 

日産が発売しているGT-Rの中古車の特徴としては、あまりに希少性が高くて人気のある車種の為、1970年前後に発売された初代ハコスカGT-Rの中古車が1000万円以上で流通しているという他では考えられない超人気の車であるという特徴があります。

その次のモデルのケンメリGT-Rの場合は、中古車そのものを入手するのが不可能なくらいの希少性の高いGT-Rであり恐らくは2000万円、3000万円の予算があったとしても購入が大変難しい車なので、GT-Rだけは中古車の年式が全く相場に反映されません。

また、R34GT-Rの中古車もここ最近急激に中古相場が値上がりしており、これからも値段が下がる事はなくて、中古相場が高くなる要因しか在りませんので、現時点でもR35GT-Rよりも古い車なのに中古相場では値段が高い中古車も沢山あります。

本当、日産GT-Rは他の車では考えられない中古車の相場が既に出来上がっていて、今後も古いGT-Rはどんどん値上がりする要因しかありませんから、R35とR34の中古車を購入する際の予算は差がなくて、下手をすればR34を購入するほうがお金が必要です。

スポンサードリンク




 

 

GT-Rを買う際にR34とR35で迷ったらR34を購入するのがお勧めです。

 

日産のスカイラインR34GT-Rを購入するか、新型の日産GT-Rを購入するかで迷ったら、取り敢えずR34GT-Rを購入しておけば間違いなくて、その理由は中古相場が高くて安定していることから、売却の際により高く売れる要因が高いからです。

実際の所、R34もR35も両方運転していますけど、確かにR35の方がサーキット走行をする際には相当に性能が高いんですが、一般の道路を運転する場合はどちらも大した差がありませんし、R34GT-Rの方が車両が軽くてコンパクトなので運転がラクでした。

両方共GT-Rですし、R34そのものがMTの車としては大変完成度高く、中古車であっても相場が安定しており、ノーマルであっても相当高性能な車で4人乗りであることから、R34を購入しておけば立派なGT-Rのオーナーですし、何ら困りませんからね。

R34もR35も両方共ニスモの限定仕様モデルが存在していて、それらは中古でも1000万円から2000万円位の極めて高い価格帯で取引されている事や、R34のニスモの限定仕様はそもそも中古車をチューニングして販売されてた認定中古車の頂点的な車です。

 

 

R35GT-Rは運転は楽でも大きすぎて田舎の狭い悪路は不向きです。

 

R35は相当なパワーがあってもオートマで女性でも安心して運転できる車に仕上がっている為、MT設定しかないR34GT-Rのような運転の難しさはありませんが、田舎の狭い道路の運転はかなり厳しいものがあるかもしれないくらいの大きさになっています。

車幅が190㎝の日産R35GT-Rは、都会での運転はラクなんですけど、田舎の狭い道路で離合を何回もしないといけない状態になった際に、流石に190㎝の車幅は日本の狭い道路事情からすると大きすぎますので、R34の方が田舎の悪路の運転はラクでした。

どちらのGT-Rも大変素晴らしい車なのですが、明確に購入する人の目的や価値観に酔ってどちらを購入すればよいのかは変わってきても、予算は殆ど変わらないしこれからR34の中古相場が更に値上がりする要因しかないので、迷ったらR34がお勧めです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク