車を売却時に高く売るならノーマル無改造で乗りましょう

車を購入した後に、そのまま長期間に渡って乗り続ける人もいらっしゃいますが、何らかの事情により、例えば結婚をしたり会社が倒産したり、派遣切りで解雇された場合、急いでまとまった現金が必要になることも多く、その際には車を売却する訳です。

出来れば車を売却したくないと思っていても、お金がない場合は車を売却するしかないことも多く、その場合は少しでも車を高く売りたいと思うのは当然であり、最近は一括査定を使ってなるべく高く車を売るために、複数の一括査定サイトを使う感じですね。

ただ、一括査定を使おうがディーラーに車を下取りに出そうが、高く売れる車というのは最初から決まっていますので、車を売却時に高く売りたい場合は購入時に中古相場が高い車を購入するのが一番なのですが、そうなると好きな車が買えなくなります。

 

 

車を売却する場合は無改造のドノーマルで乗るのがお勧め。

 

いくら売却時に高く売れると言っても、例えば軽自動車が欲しい人が癖のあるデザインのジムニーを購入すれば良いと言われても、ジムニーを受け付けない人も多いでしょうから、その場合はワゴンR等の人気の好きな軽自動車を購入することになる訳ですね。

車種全体で売却時に高く売れる車を買えば良いのでしょうけど、世の中の人すべてがその条件で車を購入するわけではありませんから、車を高く売る方法としては、好きな車を購入しつつも売却時にはなるべく高く売る方法で普段から管理をするだけなのです。

そのどのような車であっても中古車として売却する際に高く売る方法しては改造などは一切行わずに完全にドノーマルで乗り続けることであり、無改造で乗り続けることと普段から定期的なメンテナンスをする事であり、早い話が余計なことをしないことです。

スポンサードリンク




 

 

車を無改造のドノーマルで乗り続けるのは意外に難しい・・・。

 

車を購入した後にドノーマルの無改造で乗るだけなら簡単だろうと思う人もいらっしゃるかと思いますが、実際には容易ではなくて、車を購入したままの状態で乗り続けるのは大変難しく、特に国産のスポーツカーの場合は殆どの人が改造に手を出します。

ワゴンタイプやセダンタイプの車の場合は、車の性能そのものよりもオーディオや外装のドレスアップ等をする人が多いですし、スポーツカーであればエンジンそのものを改造したり、車高調やブレーキ、外装の交換をするなどは当たり前に行われています。

ですから、高齢者の方がたまたま保有していたAE86等は大変状態が良くてドノーマルの状態で殆ど街乗りで乗られている事から、そういった中古車を売却する際には想像以上に高く売れますので、人気車種のドノーマル無改造車であるほど良い訳です。

 

 

最近の国産車や高級外車は無改造のどノーマルで乗るのが主流です。

 

ここ最近発売されている新しい国産車やフェラーリ等の高級外車の場合、殆どの人がノーマル純正状態のまま乗っていることが多くて、売却時には最も高く売却できる賢い乗り方になりますので、このような車の管理方法で乗っていけば一番良い訳です。

ただ、ここ最近発売されている国産車やフェラーリ等の会社は改造する必要性が全く無くて、早い話が一般の人が改造をするような余地が必要性が全く無い位の高性能な状態で新車時から発売されている事が多く、一般的な街乗りであれば必要十分なのです。

これから純正ノーマル状態で新車に乗る人が増えてくるでしょうから、改造車のような車は昭和末期から平成初期位に発売されていたスポーツカーが主体になりますので、中古車を購入する場合は無改造車を購入してそのまま乗り続けるのが高く売る秘訣です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク