ディーラーの下取りと一括査定で車を売却のどちらがお得?

何かしらの理由で、現在所有している車を売却する場合、現在でも大多数の人が車を購入したディーラーに下取りに出して、その差額分のお金で新しい車を購入している状態であり、最近流行りの一括査定を利用している人はまだまだ少ないと言われています。

一括査定はここ最近で急速に広がりを見せている車の売却方法になりますが、まだまだ知らない人も多いですし、知っていても面倒だと感じたり、個人情報を余り一括査定を行っている業者に提供したくない、スムーズな乗り換えをしたいなどの人も多いです。

車を購入したディーラーで車を売却する最大のメリットは買取価格よりも、スムーズに車の買い替えが出来る点であり、馴染みのディーラーで車を買い換えると手続きなどが楽ですし、必要であれば代車も提供されるため、富裕層であればこの方法が適切です。

 

 

ディーラーの下取りと一括査定で車を売却のどちらがお得?

 

車をディーラーで下取り売却をしようが、一括査定で売却をしようが結果的に車を売却することに違いはありませんので、何処で車を売るかになりますし、できるだけスムーズに売却をしたいのか、なるべく高く売りたいのかで最適な売却方法も異なります。

現時点でも車をディーラーで下取りに出す人が圧倒的に多い理由は、一括査定の事を知らない人が多いこともあるのですが、やはりスムーズな新車への乗り換えをしたいのであれば、新車を購入するディーラーで全てを任しておくのが最適だからですね。

一括査定を利用して車をなるべく高く売却する場合、新車への乗り換えについては全て自己責任になりますし代車の提供などもありませんから車を売却してから新車が届く日数が上手く調整できない場合は、車が全く無い空白の期間が発生することになります。

スポンサードリンク




 

 

ディーラーに車を下取りに出す場合は必ず一社のみで査定する。

 

新車を購入する際に、ディーラーに車を下取りに出す場合、必ず新車を購入する一社のみで売却する車の査定が行われますので、特に競争原理等が働かず、比較的安い金額で査定金額が提示されることが多いですし、普通の人はそれが高いのか分かりません。

例えばディーラーから車の下取り金額を提示されても、普通の人は業者用の中古車オークションの相場価格を知らない為、その金額が適切なのかどうかの判断もできませんし、比較対象もないことからまあそんなものか?で、すんなり売却をしてしまいます。

フェラーリなどの高額で特殊な車の場合でしたら、購入したディーラーで売却をしても適切な価格で買取金額が提示されたり、売却する人の社会的地位などで大きく価格が変わることもあるんですけど、一般的な国産車の場合は下取りは低い金額になります。

 

 

ディーラーへの下取りよりも一括査定で売却をした方が良い人。

 

新車への乗り換えをスムーズに行いたい人の場合、個人情報を余計な業者に提供したくない人の場合、何回も買取業者から駐車場等で査定を受けるのが面倒な人の場合でしたら、一括査定ではなくディーラーで車を売却したほうが納得できる売却になります。

車を高く売りたい訳ではなく、面倒な売却の処理をしたくない人も多いですし、一定期間車が使えなくなると困る人であり、車を売却する査定価格も特に気にならないのであれば、一括査定を利用するメリットがありませんので、ディーラーを利用します。

逆に一括査定を積極的に利用したほうが良い人は、一括査定を利用する際の登録や査定時の対応など多少の手間暇が買っても良いので、10万円でも20万円でも車を高く売却したい人であれば、積極的に一括査定を利用して売却をした方がメリットがあります。

もっと分かりやすく言えば、生活にゆとりがあり、お金に困っていない富裕層であればこれまで通りにディーラーに下取り査定に出してスムーズな乗り換えのできる売却を行い、お金に余裕がなく時間と手間を使っても良い人であれば一括査定を利用します。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク