解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

ATをMTに載せ替えるよりも車を買い替えたほうがお得

最初はMTなんか時代遅れだとか言いながら、平成初期頃に発売されていた、RX7とかNSX等のATで中古のスポーツカーを購入したものの、暫く乗ってみるとなんだかちょっとレスポンスがイマイチとか、運転していて楽しくないと感じる人が結構います。

実際にマツダのユーノス・ロードスターのATを購入して乗っていた人がいたのですが、トルクやパワーがいまいちであり、なんかちょっと加速しないなーって感じていたところ、ロードスター専門店に集まる人達のMTのロードスターを運転する事に・・。

すると、ATの自分のロードスターと他の人達が乗っているMTのロードスターのレスポンスがあまりに違いすぎることに愕然となり、ATのロードスターのミッションをMTに載せ替えたいと感じるようになってきたので、早速プロショップに相談を行いました。

 

 

ATをMTに載せ替えるよりも車を買い替えたほうがお得。

 

別にロードスターに限った話ではないのですが、昭和から平成初期くらいにかけて発売された国産スポーツカーの場合、ATよりもMTの方が中古車市場では圧倒的な人気がありますし、レスポンス等の性能もMTの方が高くなっていることが殆どになります。

その為、ATの車に乗っている人が同じ車のMTを運転してみると、全然別物の車であると感じることも多くて基本的にこの頃のスポーツカーはMTが基準ですから、どうしてもATよりもMTの方が良いって考える人も多くて、安易にATの載せ替えを検討します。

ATをMTに載せ替えるだけなので、単にMTのパーツだけを買えば良いと思っている人も多いのですが、実際にはハーネスやエンジン周りの大幅な仕様変更を行うことになりますので、載せ替え工賃は高額になり、予想外の大きな出費をすることになります。

スポンサードリンク




 

 

ATをMTに載せ替える場合はどうしてもこだわりがある場合のみです。

 

現在乗っているATの車をMTに変更したい場合、相当な愛着があってその車を手放したくない場合や、もうその車しか無いような状況の場合、早い話がMTの車の買い換えることが難しい場合のみにお勧めの改造方法であり、それ以外ではお勧めできません。

なにより、ATからMTへの載せ替えは相当な予算が必要になることや、かなりの改造車になってしまいますので、もしもの時の買取価格も心配な事、車のことに相当詳しいプロショップに依頼しないと、車の調子が悪くなってしまうなどの問題もあります。

どうしても、AT車をMTにしたい場合で、その車の仕様変更をしないといけない場合であれば、いくら費用が必要になってもその改造をしないといけなくなりますので、致し方がないと言える状態になるのですが、そうでない場合は、載せ替えは止めましょう。

 

 

ATからMTに載せ替えたいなら車を高く売却して買い替えがお勧め。

 

ATの車に乗っていて、どうしてもMTの車に乗りたい場合、発想の転換でMTに載せ替えるのではなくて、ATの車をなるべく高く売却してから、MTの車に買い換えるって考えのほうが効率が良いことが多く、一度そちらの方法を検討するのが良いです。

ただ、ここである問題が発生してしまい、最近の枢まそうでもないのですが、実は平成初期の頃に発売されていたRX7やNSX、ロードスター等のスポーツカーは例外なくATの中古車相場が極端に安くなっていて、買取価格もMTより相当安い金額になります。

更には個人売買やネットオークションでも、ATのスポーツカーは人気があまり出ないので、あまり高く売れないという問題があるので、ATのスポーツカーを高く売却をしたい場合は、カーセンサーやズバットなどの一括査定を複数使って査定を行います。

平成初期頃のATのスポーツカーは人気が無いので相場も安いのですが、意外に状態がよく保管されている個体もありますから、それらの状態が良いATのスポーツカーが入手できるのであれば、あえてATをMTに載せ替えるって改造をするのも十分ありです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme