車のローンが支払えない場合は滞納前に一括査定で売却

仕事も順調でお金にも余裕があったので、ついつい新車をローンで購入していい感じで生活をしていたたら、突然会社が傾いてしまって年収が激減してしまったり、病気やリストラ等で生活が厳しくなってしまった場合、真っ先に車のローンが厳しくなります。

本来は車を購入する際にはローンではなくて現金一括で購入するのが普通なんですけど、現金がないならローンで購入すれば良いといった認識を持ってしまうと、本来は購入するべきではない収入の人でも安易に車が買えてしまう仕組みがあるのも原因です。

ローンが支払えなくなった車の扱いをどうするのかと言えば、幾つかの方法があるのですが、真っ先にやるべきことはローンの滞納前にまとまった現金を何とかかき集め用意して残金を支払うか、車を手放してローンの残金を返済するかのどちらかになります。

 

 

車のローンの支払いを滞納するとブラックリストに登録されます。

 

絶対にやってはいけないのはローンの返済を滞納してしまうことであり、これを一回でもやってしまうと、信用調査機関、いわゆるブラックリストに登録されてしまうことになりますので今後のローンが組めなくなる恐れもありクレジットカードも持てません。

その為、これはどうやっても車のローンが支払えないと分かってきたら、ローンの残高を計算して親族などに頭を下げて用意できるのであれば、それを利用して返済をすると良いのですが、車のローンが支払えない時点で殆どの場合で現金は用意できません。

ですから、殆どの場合でローンの残高が残っている車を手放すことになるのですが、ローンで購入している車の場合は名義がローン会社になっていますので、勝手に売却をすることは出来ませんし、買い取ってくれる買取業者もいませんので、どうするのか?

スポンサードリンク




 

車のローンが支払えない場合は滞納前に一括査定で売却。

 

では、車ローンが支払えない場合は、名義がローン会社なので勝手に売却もできないので、ディーラーに返品すればよいのでは?と思うかもしれませんが、一度でも購入した車は契約に不備があるか重大な瑕疵でもない限りは返品と言った選択肢はありません。

ローンで購入したローン会社名義の車であっても、実は合法的に売却する方法があって、その方法はカーセンサー等の一括査定のサイトを使って複数の買取業者から買取査定を行い、最も高い金額を提示してきた買取業者の金額とローン残高を比較します。

一般的に車を売却する際にはローンの残高よりも低くなることが多いのですが、年式や走行距離、利用状況やこれまで支払った金額などにより、ある程度の金額で売れることもありますし一括査定を利用すれば、車に詳しくない普通の人でも高く売れるのです。

 

 

一括査定で車を高く売却するとローン会社名義の車も売却可能。

 

一括査定を利用してローンの支払が厳しくなったローン会社名義の車を売却する場合ですが、一括査定の際に最も高い見積もりを提示してきた買取業者にお願いすれば、ローン会社名義の車であっても後は全て処理してくれますので、安心して売却が可能です。

ただし、ローンの残高よりも一括査定で車を売却する際の査定金額が高くないと買い取りは出来ませんので、出来る限り高く買い取ってくれる買取業者を一括査定で探す為には、カーセンサーやズバット等の複数の買取業者を利用して何度も査定を行います。

一括査定の査定金額よりもローン残高の方が金額が高い場合、そのままでは一括査定を利用しても売却することは出来ませんので、何度も交渉してみて一番高い金額を提示してくれる業者を探していくか、残高不足分は何とか現金を用意して売却します。

車のローンが支払えなくて車の売却を検討する場合、とにかくローンを滞納させないことが最優先ですので、どれだけ愛着があっても支払えない金額の車の所有は諦めておき、なるべく高く売却する為に一括査定を利用して売却を検討していきましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク