解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

メーター巻き戻しの中古車だけは購入してはいけない理由

中古車を購入する際には新車とは異なり、色々と注意して確認しないといけない点が沢山有るんですけど、一般的には自動車メーカーが扱っている認定中古車であれば、余程のことがない限りは、かなり状態の良い中古車を購入することが出来ます。

万が一、何かのトラブルが合った場合、認定中古車の場合はメーカー側もきちんとした対応をしてくれますので、特別おかしな状態になることもありませんから、多少の値段は高くても気になる方であればメーカーの認定中古車を購入するのがお薦めです。

但、認定中古車というのは基本的には日本全国にあるディーラーで扱っているこれまでの履歴がはっきりとしている中古車のことですから、近くのディーラーに行って売られている中古車があれば、これは認定中古車ですか?と確認しておけば問題ありません。

 

 

中古車販売店にはあまり良くない中古車が流通している?

 

中古車の場合は、全く同じ状態の車が存在していませんので、見た目が同じような車でもピンきりな状態であることが多いんですけど、中古車市場にはあまり良くない車も出回っており、その中でも1番の問題なのはメーター巻き戻しをしている中古車です。

普通は、そのような車は中古車販売店やディーラーでは扱われておらず、意図的にそれを販売するような悪質な中古車販売店も絶対にないわけではないのでしょうけど、普通はメーター巻き戻し車だけは扱わないのがどの業者でも基本になっています。

実際に、私の地元の中古車販売店では、メーター巻き戻し車を販売していて、それが発覚して問題になった事業者もいましたが、それもかなり前の話になりますので、今の時代にそんなことをしてしまったら、多分その店は潰れるのではないでしょうか?

ですから、中古車販売店で売られている中古車のメーターが巻き戻されているとか、そういった話は余程悪質な業者でない限り問題はありませんので、ある程度信用ができる業者から中古車を購入しておくようにしておけば大丈夫です。

スポンサードリンク




基本的にメーターの巻き戻しに関してはそれまでの整備記録や車検証を確認していけば殆どの場合でそれが分かりますから、普通にまともな整備をしているのであれば、メーター巻き戻し自体が出来ないことは誰にでも理解できる話になります。

 

 

メーター巻き戻し車を購入してはいけない理由について。

 

では、メーター巻き戻しの中古車を購入してはいけない理由ですが、これはとても簡単で、普通に整備をしていれば、メーター巻き戻しそのものをする必要性がまったくありませんので、そんなことをしている車があるのであれば、まともな車ではありません。

例えば、エンジンをオーバーホールする場合でも、走行距離が何キロの時に整備をしたと整備記録に書けばよいだけで、その際にメーター巻き戻しをする必要性もまったくありませんし、その他の定期的な車検整備でも全く同じです。

仮に運転席のメーターが破損した場合でも、メーターを修理する際にはそれまで使っていたメーターの部品を再利用して壊れた部品だけを入れ替える修理を行うため、それでメーターが勝手に巻き戻される状態になることもありません。

相当レアなケースでメーターを記録している部品そのものが破損した場合でしたら、まだ事情がわからなくもないのですが、そのようなトラブルは殆ど発生しませんし、それについても整備記録に書いておけば良いだけの話ですからね。

基本、やる必要がないメーター巻き戻しをしないといけないタイミングというのは、意図的にその車の走行距離を少なく見せないといけない場合のみであり、それをしないといけないのは、まあ、悪意があってやってるわけなので、普通に考えれば、購入してはいけない車になります。

車そのものを見ただけでは、メーター巻き戻し車なのか判断がつきにくいので、出来れば車に詳しい人と同伴してから、その車の過去の整備記録を確認して、走行距離や整備内容がおかしくなっていないかを見ていただければ安心かと思われます。

過去の整備記録が全くない中古車は、もう判別が不能と認識して手を出さないのが基本です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme