解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

新車購入時に車両保険に加入できないなら安い中古車を購入する

車を購入する際に新車で購入する場合、必ず一般の車両保険に加入しておくべきであり、新車を購入して車両保険に加入しない状態で対人、対物無制限で車を運転するのはもしもの際に全額修理代を自己負担しないといけないし、廃車になったら大変です。

私も初心者の頃にやってしまった経験があるんですけど、運転に慣れていない時は自損事故を起こしてしまう可能性が大変高く、スピードが乗る車の場合は更にその傾向が高くなるのを勘違いしていて、思わずエコノミー車両保険に加入してしまいました。

新車を購入する場合、初心者の人であれば強制にでも一般の車両保険に加入しておくべきであり、ベテランの人でも貰い事故や偶然の事故などでいつ車が大破するか分かりませんし、盗難にあった場合は泣き寝入りになりますので、必ず加入しておきましょう。

 

 

新車購入時に車両保険に加入できないなら安い中古車を購入する。

 

一般的に、新車を購入時に車両保険に加入しない人と言うのは、車を購入することが精一杯で、それ以外の余裕がないお金がない人であり、お金がある人であれば車両保険に加入しない理由がありませんので、迷いすらなく一般の車両保険に必ず加入します。

無理をして車を新車で購入して、車両保険に加入しない状態で交通事故を起こしたり、巻き込まれたりしてしまって、それにより多額の修理代金が必要になったり、廃車になって二束三文で引き取られたり、盗まれて車をなくしてしまったらどうなるのか?

その場合は、全て自己責任で対応しないといけませんし、万が一ローンで新車を購入しているのであれば、どのような主張をしようともローンを免れる事はできませんので、自己破産をすれば別ですけど無理をして新車を購入して破産では意味がありません。

スポンサードリンク




 

 

車両保険未加入で新車を購入するなら廃車になっても良い覚悟が必要。

 

これから新車で車を購入する人であれば憶えておいて欲しいのですが、新車で一般の車両保険に未加入の状態と言うのは、本来は車を購入してはいけない状態であり、更にローンを組んでいるのであれば、身の丈にあっていない買い物をしている状態です。

その場合、交通事故や盗難被害に巻き込まれたら、全て自己責任で金銭的な解決をしないといけないということになりますので、新車で全損にでもなった場合は100万円単位の金額が飛んでいきますし、車はなくなってもローンはなくならない状態になります。

交通事故でも納得できない人が多いのに、新車を盗難されてしまって、見つかったら車内に消化器を撒かれて無残な姿で発見されてしまった場合でも、車両保険に加入していないと全て自腹で対応しないといけませんので、廃車にするしか方法がありません。

 

 

車両保険に加入する予算が厳しいのなら最初から新車は購入しない。

 

基本的に車を購入する際には使用する金額が大きくなりますので、金銭感覚が狂ってしまう人も少なくなく、ディーラー側もオプションなどを積極的に追加をするなどで、より売上を多く上げるような仕組みになっているので、いつのまにやら予算オーバー。

ですから、新車を購入する場合は余裕を持って予算を貯めておき、余計なオプションは追加しなければよいのでしょうけど、お金に余裕がない人ほどディーラーの営業トークに乗ってついつい色々なオプションを追加してしまうのはよくある話なのです。

予算がないのであれば無理をして新車を買わなくても5万円位の安い中古車をかっておけば普通に車として利用できる訳ですから、自分の身の丈にあった車を購入するようにしておき、新車を購入して車両保険にはいらず、後々後悔しないようにしましょう。

また、ディーラー等で新車でも車両保険、特に一般の車両保険に加入する必要が無いと営業トークをしてくる相手の場合、全く購入者のことを考えていない相手になりますので、そのようなディーラーとは関わらないようにして、解体屋に相談に行きましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme