旧車を購入する前に信頼できる保険の代理店を探す理由

これから車を購入する人で、最近発売された新しい車よりも子供の頃に大好きだった憧れの車を購入したいって人は結構多いと思うんですが、日本の国産車は大変品質が良いので、昭和の時代から平成初期にかけて発売された中古車も沢山売られています。

10年落ちを超えて20年落ち30年落ちになっている中古車でも立派に中古市場で価格がついている車も多く、その頃の国産車にはスープラやRX7、NSXやインテグラタイプR等の名車と言える車が大変多いので、既に旧車になった車も大変な人気があります。

海外では日本の国産車は走行距離が50万キロを超えても普通に乗られている事が多い車ですから、国内にある走行距離が20万キロ前後の中古車であっても管理さえきちんとしておけば全然普通に乗ることが出来ますので、中古市場でも相場が高いのです。

 

 

旧車を購入する前に信頼できる保険の代理店を探す理由。

 

既に新車登録時から20年以上の年月が経過している車は、一般的には旧車と呼ばれていて、国策で新車を売りたいのか知りませんが、税金の面でも色々な不都合があるのですがそれでも魅力的な車が大変多いので、新車よりも旧車を探している人も多いです。

その際に旧車そのものは個人売買や専門の中古車販売店で購入する事ができますので、探してお金の問題になることが多いのですが、旧車を購入時に大事なことは信頼できる保険の代理店を探すことであり、これを怠ってしまうと後々面倒な事になります。

旧車は新車登録から5年以上の年月が経過していますので減価償却が終わってしまっている古い車ばかりですから、一般的な新車の感覚で車両保険に加入しようとしても、あまり上手く行かない事が多く、ソニー損保等では車両保険に加入するのも困難です。

スポンサードリンク




 

 

旧車の車両保険加入は代理店の影響力が大きく左右することが多い。

 

実際に旧車と呼ばれているマツダのRX7やホンダのNSX等を中古で購入してみれば分かるんですが、中古市場での相場価格は驚くべき事に、新車として発売されていた頃よりも高い金額になっていて中古車なのに最近の新車よりも高い予算が必要になります。

しかし、中古相場はいくら高くても新車登録から20年以上も経過している古い車の場合はソニー損保等のネット通販型の自動車保険では簡単には車両保険には加入できないことが多くて、交通事故の際の処理にも旧車に強い実績のある代理店が良いわけです。

また、車両保険自体も古い車は簡単には加入が出来ないことが大変多いのですが、中古車市場の価値が高い旧車の場合、保険の代理店の影響力次第では車両保険に限界まで加入することが出来ますので、ここでは代理店の実績と影響力が大変重要になります。

 

 

交通事故の際にも代理店次第では泣き寝入りをしにくくなります。

 

旧車を購入すると色々と固有の問題が発生することがあるんですが、古い車の市場価値はないと判断されることが多くて、交通事故の被害に遭遇したした際に相手が一方的い悪い事故でも、修理代を下回る金額しか相手の保険会社が提示しない事があります。

これは、経済的全損と言って、修理代金がクルマの時価総額を超える際には廃車扱いになり、相場価格分の修理代しか支払いませんって話なんですが、この際にも車両保険と保険の代理店の実績や影響力により相当有利な方向に話を進めていくことが出来ます。

実際に旧車と呼ばれている車の多くが価格が高くなっていて、新車登録時よりも高額に値上がりしている中古車が多い中、修理代は支払いませんは到底納得できる対応ではありませんし保険会社と信頼できる代理店に任せて対応をしたほうがスムーズなのです。

厩舎を購入する際には、それ以前に信頼できそうな保険の代理店を探して相談をして、今後の旧車の保険状況などを事前に見積もってから、購入する車種を探しておいたほうが良いのでこのあたりは新車を購入する際と流れが異なってくるのがポイントですね。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク