解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

中古車を購入する際には必ず現車確認と試乗をする事

車の購入をする場合ですが、新車であればディーラーにて試乗する車を運転する事ができますので、それで判断をして自分が購入する新車の確認や試乗をする必要性はまったくないので安心してディーラーで新車を購入することが出来ます。

ディーラーではカタログで新車の紹介や説明をしてくれるだけではなくて、実際に現物の車を展示していることも多くて、その車に乗ってみたり、運転をしてみたり、どのような乗り心地なのかを直接確認できるメリットがありますので、至れり尽くせりです。

しかし、中古車の場合は、カタログは新車販売時の物があったとしても、既に他の人に購入されている車ですから、どのような使い方や管理をされているのか分かりませんし、事故歴であったりボディの痛みであったり、走行距離も全く異なります。

 

 

中古車を購入する際には必ず現車確認と試乗を行います。

 

その為、中古車を購入する際の特徴としては、カタログやネット上の写真等がいくら綺麗に撮影されていても、それだけで購入を判断するのは大変危険であり、相当信用できる専門業者なら別でしょうけど、初見の知らない業者の場合は特にそうなります。

ディーラーでも、中古車販売店でも、中古車を購入しようと相談に来た人に対しては、実際の車を必ず確認していただくのが普通ですし、希望であれば試乗をするのも全然問題がありませんので、実際にどのような挙動なのかを確認しておきます。

専門業者等が行っている車のオークションでは、試乗や現車確認がされることなく、写真や映像、整備資料などで購入の判断が決められていきますけど、普通の人が中古車を購入するのとはちょっと事情が異なりますので、現車確認は必須と言えます。

 

 

中古車を購入する場合は必ず車に詳しい人と一緒に行こう。

 

自動車教習所を卒業して免許を取得したばかりの人が、中古車を購入しようと思っても全く車のことが分かりませんから、最初の車を購入する場合は、車に詳しい人に相談をして一緒に調べてもらうと大変スムーズですし安心ができます。

スポンサードリンク




今でしたら、ネットを使えばカーセンサーNet等で大量の中古車が確認できますので、それで態々中古車販売店やディーラーに行かなくても、中古車の確認がネットを使えばどこでも出来るようになっていますので、最初はそれを使うと便利です。

初心者の方の場合に限らず、中古車を買う場合は、必ず現物を確認しないといけませんので、カーセンサーNet等で調べた気になる中古車が遠隔地の業者が販売している場合はなかなか難しいことが多いので、同時に地元の中古車販売店に行くことになります。

普通の国産車であれば、大抵はカーセンサーNetに掲載されていて、気になった中古車と同じような年式の車が何処かには展示販売されているでしょうから、ネットの写真で見るのと現物を見るのとでは全然異なりますので、現車を必ず見るわけです。

 

 

中古車販売店の営業はしつこくて話が長い担当者が多いのです。

 

その際に、全く車に詳しくない人達だけで車を見に行ってしまうと、どうしても業者側の営業トークに慣れている担当者がうまく話をしてくることが多いですから、車に対する知識がない場合は、思わずそこで車を買ってしまいそうになるかもしれません。

経験のある人ならご存じだと思いますけど、中古車販売店の販売員は相当しつこい人が多くて、話も長時間に渡ることが多いことから、車に知識のない初心者が対応できるような相手ではありませんので、詳しい人が必ず必要になるのです。

そこで、気になる中古車があれば実際に現車を確認したり、試乗をしたりすることになるんですけど、運転に慣れていない人は業者の車を運転するのも不安になるでしょうから、やはりここでも運転に慣れている人が近くにいると大変心強いのです。

同じものが二つと無い中古車を購入する場合は、ネットで調べておき、気になる車種があれば現車を確認して試乗をしてからの購入になりますので、それを面倒がってやらないと思わぬトラブルに成ることも考えると、必ず試乗は行いましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme