解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

初心者はメタルクラッチの車の運転をしない方がよい理由

自動車教習所を卒業したばかりの初心者の人は絶対にメタルクラッチの車を運転しないほうが良いと言われていますが、多分、メタルクラッチの意味すら良く分からない人が多いと思いますし、メタルクラッチはそんなに扱いにくいクラッチなのでしょうか?

初心者の人はクラッチの意味は分かっていても、ノンアスとメタルクラッチの違いについてはよく分からないでしょうし、メタルクラッチの車を所有いしている人も近くにいないことが多いので、多分、言葉で言われてもピンとこない人が多いでしょうからね。

それで、初心者の人にレーシングエンジンを搭載した軽量メタルクラッチの車を試しに運転させてみたことがあるんですが、正直言って、初心者がメタルクラッチの車を運転してはいけない話は間違っていませんので、最初はノンアスの車を買いましょう。

ノンアスと言うのは、普通のクラッチのことで純正のクラッチは全てノンアスだと思っていただいて構いませんし、強化クラッチの場合でも素材はノンアスで圧着力を大幅に高くしてクラッチの伝導効率を高くしているだけですから結構扱いやすいです。

 

 

運転初心者がメタルクラッチの車を購入してはいけない理由。

 

実際に教習所を卒業した初心者の人と一緒に埠頭に行き、そこで安全性を確認しながらメタルクラッチの車の運転を試しにやってみてもらったんですが、発進の時からエンストの嵐で普通に車を動かすこと自体が困難な感じでしたので、やはり難しそうです。

教習所を卒業したばかりの頃は、普通の純正クラッチの車であっても、発進が難儀するのは誰しも初心者の頃には経験している訳ですから、何となくわかると思うんですが、いきなりメタルクラッチの車の運転をするのはかなり厳しいものがありました。

メタルクラッチの車はフライホイールも相当軽量な状態であることが殆どですから、初心者の人が車を普通に発進させるだけでも大変であり、埠頭ような安全で広い場所であっても普通に発進ができないことを考えると、一般道路の運転は無理でしょうね。

スポンサードリンク




何度か運転をしていただいたんですが、やはり車の挙動も教習車とは全然違いますし、何とかクラッチをこすりながら発進をしても、シフトチェンジが上手く出来ずにエンストをしてしまう状態でしたので、最初はおとなしくノンアスのクラッチにしましょう。

 

 

メタルクラッチに交換する際にはエンジンチューンが先ですね。

 

一般的に言えば、運転が慣れている人でも軽量フライホイールとメタルクラッチの組み合わせは嫌がる人が多くて、そんな車を運転したくないと思いますので、初心者の人であえてメタルクラッチの車を運転したい人であればそれなりの理由があるはずです。

私も初心者の頃は、似たような考え方だったのでわかるんですが、初心者だからより運転が難しい車を運転してみたいとか、少しでも性能が良くなるパーツに変更したいとか思うものなのですがクラッチはメタルクラッチにしないほうが良いことが多いです。

そもそも、メタルクラッチに変更する理由はエンジンのオーバーホール行い極端なメカチューンを施して性能を高めたとか、ターボチューンで大幅に馬力を向上させた場合に、ノンアスのクラッチだと滑ってしまう事があるため取り付けるパーツです。

ですから、エンジンが純正状態よりも大幅に向上しているのでしたら、操作が難しくなるメタルクラッチを取り付ける理由はありますけど、そうでもないのに単純にクラッチだけをメタルクラッチに変更する理由は殆どありません。

強いて言えばメタルクラッチとセットになっている超軽量フライホイールを使いたい場合は、例外なくメタルクラッチを選択することになるのですが、軽量フライホイールはエンジンが高性能でないと殆どその効果に期待できないばかりかデメリットが出ます。

メタルクラッチの車が運転をしたい場合、先にエンジンの大幅な改善を行うのが順番としては先になりますので、それが必要ないのであれば強化品のノンアスクラッチを選択して交換しておいたほうが実務的で運転もしやすく効果も得られるはずです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme