解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

レカロのフルバケットシートを取り付けた際の問題点

免許を取得してから自分が欲しい車を購入して、しばらくの期間その車の運転をしていると、人間というのは皆さん欲深いもので、段々ともうちょっと車に変化が欲しいと感じてくることになり、その結果、社外品のパーツを購入して取り付ける事になります。

例えばハンドルを変えたりシフトレバーを変更したり、オーディオを変更したりなどはよくある話で、思い切ってエアロパーツを取り付けたり、ボンネットをカーボンネットなどに変更する人もいらっしゃいますので、同じものを使い続けるのは難しいのです。

そこで思いきって車のシートをレカロのフルバケットシートに変更していたら乗り心地が良くなり、安定感も出てくるのではないかと思って、以前交換してみたことがあるのですが、結局すぐに元のシートに戻すことになりましたので、それについて書きます。

 

 

運転に慣れてくると純正シートの横Gに不満が出てくるのです。

 

運転に慣れてきて、そのまま純正のシートに乗って運転をしていると、段々とカーブを曲がるときに身体にGがかかってしまって、両足と腰でシートに座ったまま踏ん張らないと行けない姿勢になることが多くなり、これを何とか改善したいと思い始めます。

まあ、そんな運転をするなと言われたらそのままなんですけど、どうしてもその類いのコーナリング性能重視の車に買い替えて乗り始めると峠道とか深夜の山道等を運転中に毎回カーブの際に身体にGがかかってしまうのを何とかしたい感じるのはよくある話。

このカーブの際に身体が横にぐぐっと動いてしまって毎回両足と腰、背中をシートに押さえつけて身体を固定して運転をしないといけない状態を改善するには、純正シートをレカロシート等のフルバケットシートに変更をすれば簡単に改善することが出来ます。

 

 

バケットシートとフルバケットシートの違いについて。

 

バケットシートというのは、シート全体でドライバーを包み込むような深さのあるシートのことであり、レーシングカーのシートは先ずバケットシートしか採用していませんので、バケットシートにすると当然安定感が相当高くなります。

また、フルバケットシートというのは頭までをがっぽり包み込むようなより安定性の高いシートのことであり、レカロと言うのは有名なバケットシートを製造販売しているメーカーのことであり、ホンダのType-Rのバケットシートもレカロになります。

 

 

レカロのフルバケットシートを車に取り付けるとどうなる?

 

それで、レカロのフルバケットシートと4点式シートベルトを購入して、それを車に取り付けることにしたのですが、シートレールさえ自分の車に適合させると、後はアッセンブリー交換でフルバケットシートを取り付けれますので、とにかく交換は楽です。

スポンサードリンク


後、別に公道を走行する場合は4点式シートベルトはいらないのですが、念のため、レカロシートに合わせて購入しておき、必要であれば純正のシートベルトと合わせて利用すれば良いと言った感じでトランクに入れておくことにしました。

それで、実際にレカロシートを車にとりつけてわかったんですけど、相当居住性が悪くなることや、ロールゲージとの干渉、ドアとの干渉など、色々と面倒な状態になりましたので、フルバケットシートではなくてセミバケットシートにしておくべきでした。

フルバケットシートを購入する際には、車に取り付けてドアが普通に閉めれるのか、ロールゲージやロールバーを取り付けている場合は干渉しないかをよく確認した上で、実際のサイズを確認してから購入するようにするのがお勧めです。

何とか工夫をしてからやっと車にレカロのフルバケットシートを取り付けることが出来ましたので、早速車に乗り込もうとすると、もうですね・・・、車の乗り降りから相当大変になってしまって、これは取り付けはお勧めできない感じになりました。

 

 

日常利用ならフルバケットシートよりも純正のスポーツシート。

 

実際に、レカロのフルバケットシートを車に取り付けて運転をしてみると分かるんですが、スーパーやホームセンターに行った際の駐車券が取れなくなるとか、高速道路のチケットが取れなくなるとか、色々と日常的な問題が発生します。

もちろん、これは車種や車高、取り付けるフルバケットシート、ロールゲージの有無などによって変わってくるため、絶対的なものではないのでしょうけど、私の場合はとにかく日常的な運転に支障が多発することになりました。

ただ、運転時の安定性については、レカロのフルバケットシートが全てカバーしてくれますので、以前のように足で踏ん張ったりすることもなくなったのですが、それ以上に日常での利用に支障が出てくることになりましたし、何より乗り降りが本当に大変。

 

 

レカロのフルバケットシートは直ぐに売却をすることになりました。

 

スーパーの駐車場でも隣の車がピッタリと止まっていると、ドアを全開に開けれなくなりますので乗り降り自体が出来なくなってしまうこともありましたので、これはちょっと無理だと思い、レカロのフルバケットシートを取り外して売却することになります。

ただ、純正シートではカーブの安定性が不安だったので、もっとホールド感の良いシートが無いかと探していた所、純正のスポーツタイプのシートがあるのを確認したので、そちらの新古品を上手く購入することができ、無事に交換も終わりました。

結局、車の運転で日常的な快適性を求めるのであれば、カーブの際のホールド性重視のフルバケットシートよりも、純正タイプのスポーツシートのほうが断然扱いやすいのですので、レカロに限らず、フルバケットシートを購入したい方はそれを考えてから購入しましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme