解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車で山奥の温泉に行くなら折りたたみ自転車が大変便利

車のトランクは結構荷物が積めるようになっていて、流石にMR-Sやフェラーリ等のMRのツーシーターの車にはフロント部分の僅かなスペースにしか荷物を積めませんので殆ど趣味の範囲でしか荷物を掲載出来ませんが、トランクがある車は結構いけます。

大型のランドクルーザーやハイエース等の車であれば、相当な荷物を車の中に積むことが出来ますので、ランドクルーザーのテントなどの日用品を普段から積んでいる人もいれば、ロードスター等の車にテトリスのように荷物を積み込んでいる人もいます。

車で移動する際には電車や飛行機などの移動よりも速度が遅いとか時間が掛かるなどのデメリットもあるんですけど、何と言っても車には大量の荷物を積むことが出来ますので、特に山奥などの温泉に車で移動する際には車に自転車を積んでおくと便利です。

 

 

車で温泉に行くなら折りたたみの自転車が大変便利。

 

私は温泉が好きでよく車で温泉に出かけることが多かったのですが、その際に山奥の自然溢れた温泉に行くと付近を移動したくなることが多いのですが、車での移動はあまりしたくないですし、一度車庫から出してしまうと再度入庫するのが難しくなります。

そこで、徒歩で付近を散歩しながら空気が大変良い自然の中を歩いて気分転換をしていく訳なんですけど、流石に徒歩で移動をするのは結構疲れると言いますか、色々と限界があるので、だったら自転車を車の積んで温泉に行けばどうかな?と考えました。

この考え方は当たっていたようで、折りたたみの自転車の中でも特にコンパクトな自転車を購入してギリギリトランクに入る状態で積み込み、それで山奥にある温泉まで片道4時間位かけて車で移動をして、現地についたら自転車で移動をすると最高でした。

スポンサードリンク


 

 

都心では自転車のレンタルが増えていても山奥にはありません。

 

都心には自転車のレンタルが結構増えていて、気軽にその辺で自転車をレンタルして他の場所で返却するって感じのシステムが確立していて、100円程度のお金を払えば誰でも利用できる様になっているのですが、温泉がある山奥にはそれは当然ありません。

山奥にある温泉は、本当に山奥にあり車でなければ移動ができない立地条件にありますので、そこで自転車に乗っている人がいれば、まず地元の人だけなんですけど、そのような場所で折りたたみ自転車を取り出して移動すると独特の雰囲気を体感できます。

本来はそこにないものって、結構貴重ですし温泉に入る前に自転車で自然の環境の中で空気が大変良い場所を一通りぐるっと移動をして見ればわかりますが、その後に入浴する温泉が大変気持ちよくなり、温泉上がりの食事も普段よりも美味しくなります。

 

 

山奥の温泉では非日常を感じることによりリラックス効果もUP。

 

山奥にある温泉には、大抵は結構豪華な仮眠室が用意されていることが多くて、風呂上がりになると畳敷きの和室でゴロゴロしたり、空調で管理された静かな仮眠室で寝ることが出来ますので、軽く自転車で運動を兼ねた気分転換をしておくと良い訳です。

空気が大変綺麗な山奥の世界は非日常な世界そのものですので、都会の生活で疲れた体をいたわりながら気分転換をしたり、釣り竿を持って自転車で移動をしたり、カメラをぶら下げて温泉の近くの自然を楽しむなどの都会では出来ない楽しみが増えました。

温泉に行く際には可能であれば、トランクの中に折りたたみ自転車を積んでおくと便利であり、S2000やロードスター等のこんな車に自転車積めないだろう?と思っていても探せば案外見つかりますし、車に積むことができる自転車を探すのもまた楽しみです。

折りたたみ自転車をいつもトランクに積んでおくと、重さもありますから燃費が悪くなったり、他の荷物が積めないなどの問題が発生するため、いつも積みっぱなしにすることは難しいのですが、温泉に出かける時などはこっそりと積んでおくと便利ですね。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme