解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

初心者マークを車に貼り付けるメリットとデメリット

自動車教習所を卒業した際に、大抵は教習所から卒業記念のプレゼントと支給される初心者マークについて、案外拒絶反応を示す方も多くて、こんな恥ずかしいマークを車に付けたくないと捨ててしまう人もいるかもしれません。

この初心者マークというのは運転免許を取得したばかりの初心者の人は車の前と後ろ側に貼り付ける義務がありますので、その義務を怠ってしまうと、警察から指導されてしまうことになりますから、嫌でも必ず1年間は車の前後に付けておく必要があります。

ただし、免許を取得した後、一年間経過している人であれば初心者マークを付ける義務はありませんので、ペーパードライバーの人であれば、初心者にも関わらず初心者マークを付ける義務がないと言ったあまり運用的に意味がない状態になっています。

免許を取得した後に全く車の運転をしてきていない人こそ、車両感覚も標識のことも完全に忘れてしまっている初心者そのものですから、そういった人こそ初心者マークを付けるべきなんでしょうけど、皆さん付ける義務が無いし恥ずかしいので付けない人が多い感じですね。

 

 

初心者マークを車に貼り付けるメリット。

 

この、初心者マークについては、免許取得後の1年間のみ車の前後に貼り付ける義務があるだけで、それに該当しない人はどんなに運転がうまくない人であっても、義務がない以上車に貼り付けるのは当事者の自由になりますから、付けない人が多いのです。

運転が上手い人ならそれでも良いのでしょうけど、運転に自信がない人の場合、例え免許を取得して数年間が経過しているとは言え、現実問題としては初心者マークを車につけておいたほうがメリットが有ることが多く、それでいつも付けている人もいます。

スポンサードリンク




そのメリットというのは、基本的に初心者マークを付けている車には近寄ってはいけないとか、煽ってはいけないと言った法律がありますし、それ以前に初心者マークを付けた車に近寄ると危ないといった認識があるため、多くのドライバーが近寄らないと言った特徴があります。

特に、ボロボロの車で初心者マークを付けている車が前方を走っていると、相当な車間を取ってその後方を運転するドライバーが大半であり、交通事故に巻き込まれてしまうおそれがある初心者マークの車に近寄りたい人は先ずこの世にいません。

その為、初心者マークを貼っていれば、運転に自身がなくてもある程度安心して他の車が避けてくれる、他の車が避けてくれるといった感じで、安全運転を出来る範囲が広がりますから、それで初心者マークを愛用している人もいる感じになります。

 

 

初心者マークを車につけるデメリット。

 

では、初心者マークを車に貼り付けるデメリットについて考えると、実際にデメリットと呼べるような問題が発生することは殆どなく、しいて言えば、周囲からの視線が気になるとか、輸入車などの高額な車の場合は特に注目されると言った感じでしょうか?

通常、一般の道路を運転していて、他のドライバーや車が避けてくれる、なるべく近寄らない状態で運転ができるのは、初心者マークの車を避けるドライバーの心理によるものですので、周囲から運転が下手と認識されるのが嫌な人意外は特にデメリットはないかと思います。

ですから、運転が得意な人でも、遠く県外に車で移動する際には、意図的に初心者マークを付けている人もいますから、教習所からプレゼントされた初心者マークを捨てるのは止めておき、車のトランクに入れておけば、いつかは役に立つ日が来るかもしれません。

もちろん、初心者の人が車を運転する際には、トランクの中に初心者マークが入っていれば、速やかに車に貼り付けることが出来ますので、安全運転に貢献できる環境が直ぐに用意できることになります。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme