車のメインハーネス交換は工賃が高くてもプロに依頼する理由

以前、車のメインハーネスが破損してしまい、破損というよりもショートして炎上したって表現の方が正しいような気がするんですけど、メインハーネスがショート炎上してしまうと、車が動かなくなることが多く、仮に動いてもかなり危険な状態になります。

車のメインハーネスと言うのは、車の電力で動く全ての部品の電源や信号を集中管理している電源ケーブルのことであり、車の大きさに比例してかなり大きなケーブルになるのですが、普段は車の見えない部分に隠されるので直接見ることは殆どありません。

車にメインハーネスというパーツがある事自体知らない人も多いくらいですし、車を解体するのでもない限りはメインハーネス全体を直接見ることもないでしょうから、滅多に見る機会も無いのですが、このメインハーネス の交換は工賃もかなり高いのです。

 

 

車のメインハーネス交換は工賃が高くてもプロに依頼する理由。

 

滅多に交換する必要が無いので、メインハーネス自体の存在を知らない人が多い中、運悪くハーネスが破損してしまった場合は、車をなるべく動かさない状態で急いで交換をしないといけないのですが、この交換工賃が無駄に高額でハーネスも高額になります。

メインハーネスの交換ですが工賃だけで10万円以上かかり、ローダーで車を移動させる場合は更に3万円から5万円前後の費用がかかり、更にメインハーネスのパーツ代が20万円から200万円以上もかかる事が殆どで、無駄に高額な交換費用がかかります。

初めて車のメインハーネスがショート炎上してしまい、交換をすることになった際に、プロショップになんとか車を持ち込んで、いくら位の見積もりになるかと相談をしたら安くても30万円以上は必要になるので、ええ??って感じで本当に驚いたものです。

スポンサードリンク




 

 

車のメインハーネス交換の費用が高すぎるのでプロショップに相談。

 

破損したメインハーネスの交換があまりに高い金額で、これやるなら普通にエンジンオーバーホールも出来るんじゃないの?って思えるくらいの見積金額でしたから、何とかもう少し安くならないのかについてプロショップに相談をしてみることにしました。

なんでも、メインハーネスのパーツ代そのものが大変高額になるらしくて、更には現行で発売されている車種以外は殆ど売れないパーツになりますから、販売が終了した車種の場合はバックオーダーになることも多く依頼が入ってから手作りで作るそうです。

メインハーネスの作成を自分でやればパーツ代も部品代だけで済みますし、自分で交換すれば工賃もかかりませんから、低コストになるだろうと思って自分でメインハーネスの制作や交換をするのは全くお勧めできませんので、プロショップに依頼しましょう。

 

 

車の内装をバラバラにして相当面倒な作業と診断が必要です。

 

プロショップの社長さんが、メインハーネス交換修理があまりに高額なので、だったら工場の工具とスペースを使っていいので自分でやってみる?って感じになってきましたのでご厚意に甘えてやってみようかな?とチャレンジしたものの直ぐに断念しました。

まず、メインハーネスの設計図を見せていただいても自分で制作することは不可能ですし、新品の価格や特注で制作を依頼した場合の価格が高すぎますけど、実は中古パーツを買えばかなり安く購入できる位需要が無いパーツですから中古で購入がお勧めです。

後は、車の内装をダッシュボードも完全にバラバラにしないといけませんので、この作業自体がほんとうに大変で、素人が出来るような作業ではありませんし、それから中古で購入したメインハーネスを取り付けるのはプロでなければ殆ど無理だと思いました。

滅多に修理交換をすることがない車のメインハーネスですが、万が一ショート炎上した場合は、そのまま運転するのは大変危険ですし、車自体が炎上する可能性もありますから、その場ですぐに停車させてからプロショップに電話をして対応していきましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク