解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

走行距離と運転で変わるエンジンオイルの選び方

車の購入後のメンテナンスとして必ず必要になるのが、エンジンオイルの交換になる訳ですが、巷では3000キロで交換をしたほうが良い、5000キロで交換をしたほうが良い等、色々とエンジンオイルの交換についての噂があります。

実際に私が自分の車を使ってエンジンオイルの交換時期の確認をした感じでは、走行距離とかに関係なく、1年間車を放置しておいても特別な問題はありませんでしたので、エンジンオイルを交換しないことにより致命的な問題が出るとも限らないようです。

通常はエンジンオイルは開封したらその場から酸化を始めますので、全く車に乗らない人でも、出来れば半年間に1回のペースでエンジンオイルの交換をした方が良いくて、走行距離に関しても10000キロで交換よりも3000キロで交換のほうが良いのは間違いありません。

後は、頻繁に交換するとお金がかかりますので、お財布と予算の関係の話になりますので、エンジンオイルはなるべくマメに交換をしたほうが車にとっては良いのですが、ある程度はそのままでもなんとかなることが多いといった消耗品になるかと思います。

 

 

エンジンオイルを交換する際の正しい選び方。

 

では、エンジンオイルを交換すると言っても、オートバックスやイエローハットに行ったら沢山のエンジンオイルが売られていますので、どれを購入したら良いのか分からない人もいるかと思いますし、ディーラーに丸投げしている人も多いはずです。

一般的な街乗りの運転をしている人で、走行距離が10万キロ以下の人であれば、実は交換用のエンジンオイルは車の説明書などと合わせて車内にに保管されているであろう整備要領書をみれば、そこにどのようなオイルを購入すればよいのかが書かれています。

これは、通常は、車検証を入れている自動車メーカーのケースの中に、そのまま挟まれれいることが多いですし、分からなければ自動車メーカーかディーラーに確認をすればすぐに分かりますので、それほど難しいものでもありません。

スポンサードリンク




通常、余程の愛着がない限り、10万キロを超えて同じ車を運転する人は少ないのが日本の現状なので、サーキット走行や峠道でガンガン飛ばしているような人でなければ、整備要領書を見て、そこに書かれている指定のオイルを選びましょう。

 

 

走行距離が10万キロを超えていたりスポーツ走行をする人。

 

特定のスポーツカーを長期間において所有していたり、普段からスポーツ走行を多用するような人の場合、車のエンジンにも負担がかかる状態になりますので、整備要領書に書かれている指定のエンジンオイルではなく、それよりも粘度が高いオイルを選びます。

エンジンオイルには粘度表示が必ずありますので、メーカーが指定しているエンジンオイルの粘度よりも硬いもの、スポーツ走行をする場合は高温に耐えれるエンジンオイルにしておいたほうが車のエンジンに適切なエンジンオイルになります。

適切なエンジンオイルに交換をした場合や、新品のエンジンオイルに交換をした場合、エンジンの勢いが誰が運転しても全然違ってきますので、私も色々と試しましたが、何度か自分の車や運転方法にあったオイルを探していみるのもよいかと思います。

走行距離が10万キロを超えているような車に乗っている人は、既に親しい車両整備工場にいつも整備を依頼している状態になっている人も多いでしょうから、エンジンオイルについても既に愛用しているオイルがあるかと思います。

これから、10万キロを超えて車を大事に所有していく人、サーキットに出かけてガンガンエンジンを回すような運転を予定している人は、その運転にあったエンジンオイルを選ぶようにしておくと車のエンジンもより長持ちする事になります。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme