解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

坂道発進で必須の半クラ運転とサイドブレーキの練習方法

運転免許証を取得したばかりの人が、その後にMTの車を購入した際に、恐らく一番困るのが坂道発進とバックでの車庫入れになるんですけど、車庫入れはまだ交通事故になることはありませんけど、坂道発進が失敗した場合はそのまま交通事故に繋がりますので本当に大変です。

最近では、環状線タイプの道路も増えてきていますので、環状線と言えばご存知、勾配の付いた長い道路になりますし、その先には必ず信号がありますから、途中で信号が赤に変わった場合は、大渋滞の中で坂道停止をしないといけませんし、渋滞時はずっとその場に停車していることも出来ません。

 

 

MTの車を運転する初心者が一番怖いのは坂道渋滞ですね。

 

初心者の方で、坂道渋滞が発生した際に、ずっとその場で停車したままの人もいるんですけど、後方の車からしたらかなりの迷惑行為になりますので、例え渋滞であっても全体の車の流れや移動に合わせて、少しずつ前方に進んで行く必要があります。

MTの車を運転する初心者が一番怖いのは、この少しずつ進んでいく坂道渋滞の運転であり、サイドブレーキで一時停止していても、前方の車が移動をしていると自分の車も少しずつ移動しないといけませんから、その時の恐怖感は半端ではありません。

私もこの坂道での大渋滞が最初はかなり苦手でしたので、坂道に入る度に信号が止まらないように不安で仕方なかった時代もありますから、初心者がMTの車を運転する際は誰でもが通る道になるかと思います。

 

 

初心者がMTの車で渋滞している坂道の道路を運転する方法。

 

この時はギアを1速にしてから半クラッチを多用しながら大渋滞の坂道を少しずつ運転していき、前方の車が停車したらそれに合わせて自分も停車しないといけませんし、前方の車が動き始めたら、自分の車も半クラ状態で移動させないといけませんから本当に大変です。

スポンサードリンク




運転初心者の場合はサイドブレーキを使って一時停止しながら、半クラッチで少しずつ前方に移動して、またサイドブレーキを使う流れで運転をすることになりますけど、焦ってエンストしても困りますので、多少はクラッチに負担の掛かる運転をしても構いません。

使う機能はギアを常に1速にした状態で、後は左足でクラッチを半分くらい踏んだ状態で、右足でアクセルペダルを軽く煽りながら、前方の車が停車する際にはサイドブレーキを引いてからその場でまた停止をするの繰り返しでこの渋滞を乗り切ります。

 

 

坂道渋滞の半クラの練習は事前に埠頭などで行うと安全です。

 

この坂道渋滞の運転について、とにかく慣れるしかないので、普段から半クラで少しずつ前方に進んでいく運転と、サイドブレーキを使ってその場で停止する運転を憶えていくことになりますから、事前にこの練習をしておくと便利です。

別に坂道を選ばなくても、練習の場合は平地でも良いので、エンストしても周囲の迷惑にならない場所であればどこでも良いのですけど、スーパーの駐車場を使って練習するとまた迷惑になりますから、差し支えない場所で埠頭を選ば良い感じですね。

私も、最初の頃は埠頭で坂道発進で多用する半クラで少しずつ前に進みながら、サイドブレーキを使ってその場で一時停止を行い、サイドブレーキを下ろしながらまた半クラで前方位進んでいく運転を何度もやったものですし、多分それでかなり早い段階で半クラの運転ができるようになります。

坂道発進、坂道渋滞の際に運転をするポイントはエンストをしないことだけですから、ある程度クラッチに負担をかけても良いので、何度も練習を行い、半クラのペダルの踏み込み位置を身体で覚えていくようにしましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme