解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

自動車保険の等級が1等級になった場合の最善の対処方法

車の運転をしていると、時には交通事故を起こしてしまうことも誰しもありますので、普段から任意自動車保険に加入しておき、もしもの交通事故に備えて皆さん車を運転しているわけですが、人によっては初心者の時点で交通事故を起こしてしまいます。

一般的に、セカンドカー割引でノンフリート等級の高い親族の名義を使って7F等級から開始した人を除き、他の初心者は全て6等級からノンフリート等級がスタートしていきますので、一度でも交通事故を起こすとノンフリート等級は3等級になります。

 

 

初心者が1年間に2回保険を使うとノンフリート等級は1等級になります。

 

そして、同じ年になんらかの交通事故を起こしてしまい、再度、自動車保険を使うとノンフリート等級が1等級に下がりますので、この状態になると任意自動車保険の中で最も低いノンフリート等級になりますので保険料は大幅な割増料金になってしまいます。

ただし、1年間に2回の交通事故を起こしてしまって、ノンフリート等級が1等級になったような人であれば、普通の保険会社は危険人物として契約更新を拒否してきますので、その時点で任意保険に加入できない可能性が大変高くなってしまうのです。

出来れば、交通事故は起こさないほうが良いですし、軽度な事故であれば保険を使わないほうが良いのでしょうけど、保険を使ってしまったのであれば、それはもう仕方がありませんので、これからどうするかを考えることになります。

 

 

ノンフリート等級が1等級になった場合は13ヶ月車を運転しない。

 

免許を取得したばかりで、6等級から初めた初心者の人が交通事故を連続で起こしてしまい、その後に保険を2回使ってしまうとノンフリート等級は1等級になり、殆どの保険会社が契約更新をしてくれなくなるのですが、この場合はどうするべきでしょうか?

スポンサードリンク


仮に何処かの保険会社が引き受けてくれたとしても、ノンフリート等級が1等級の場合は大幅な割増料金になりますし、その後に無事故無違反の安全運転を繰り返しても6等級に戻るのは5年間の時間が必要になりますし、かかる保険料も相当高いです。

それを考えると、ノンフリート等級が1等級になった場合の対応策としては、保険会社が採用しているシステムのリセットを利用するのが一番現実的であり、そのノンフリート等級をリセットする方法は13ヶ月間保険を契約しないことになります。

実際に、私が初心者の頃に交通事故を起こしてしまって、ノンフリート等級が3等級に下がってしまったことがあったんですけど、その際には代理店からの提案で、13ヶ月間車を運転しないのであれば、保険の等級は6等級か7F等級にリセットできますと教えていただきました。

 

 

13ヶ月間車がない状態で仕事やプライベートは大丈夫なのか?

 

実際、私は初心者の頃に13ヶ月間に渡って車を手放し運転をしない、任意自動車保険も契約しない状態で何とか過ごしていましたが、この間の時間はとても長く感じられていて早く車を運転したいとか、車がないと移動が不便であることには違いありません。

しかし、自分の責任で交通事故を起こしてしまっている訳ですから、それについてどうこう言えるものでもありませんし、そのまま保険を継続しても6等級以下の割増料金を数年間払うのであれば、13ヶ月に渡って車を運転しないのは仕方ない話です。

何しろ、初心者が交通事故を起こして保険を使った場合、ノンフリート等級を元に戻す方法は他にありませんので、この13ヶ月間運転をしないし、保険も契約しない状態で、自転車やバスを使って移動するしか選択肢がないのです。

例外的に、他人の保険で他人の車を運転すればいいと思っている方もいるかもしれませんが、1等級の人間に快く車を貸してくれる人、長期間において車を好き勝手使ってもいいと対応してくれる人もいませんから、13ヶ月の決断をするべきだと思います。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme