解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

初心者でも車の運転が上手くなる方法|アクセル操作編

車を運転する際に、運転が上手いか下手なのか、周囲から自分の運転がどのように思われているかについては、車を運転する人なら誰もが気になる話になりますけど、結局はその人が運転が上手い下手については誤魔化しようがなく練習をするしかありません。

誰でもそうなんですけど、最初からいきなり運転が上手い人などいませんので、後は正しい知識を持ってどれだけ車の運転をしてきたのかが、車の運転の上手い下手を分ける要素になりますので、事前にどうすればよいのかを知っておくと便利です。

 

 

最初に覚えるのは急ハンドル操作をしないことからです。

 

車の運転が上手い人の隣りに座ってみれば分かるんですけど、急加速や急ブレーキ、空ハンドルなどは一切行わず、常に車をスムーズに動かしているのがよく分かりますし、レーシングカーの車載カメラを見ても、カーブを曲がる際には急ハンドルの操作を行ったりしていません。

プロが運転をするレーシングカーですら、そのような運転をしている訳ですから、一般の道路を運転する場合、法定速度を守って運転をしていれば、急ハンドルの操作をする必要性が全くありませんので、まずは丁寧なハンドル操作から憶えていきます。

教習所でも何度も言われたと思いますけど、急がつく車の運転はしてはいけないので、当然急ハンドルの操作をしてもいけないことになるわけです。

更に車をスムーズに動かすためには、丁寧なハンドル操作に加えて、丁寧なアクセル操作、丁寧なブレーキングも同時に必要になってきますので、まずは一番簡単なハンドル操作から急な操作をしないように普段から運転する事になります。

 

 

運転が上手くなるアクセル操作の練習方法について。

 

ハンドル操作を理解した後は、次はアクセル操作の練習になるわけですが、アクセルというのはペダルを踏み込むことでエンジンの出力を高めて、エンジンの回転数を上げる役割がありますので、アクセル操作は車の運転をする上でも重要な操作になります。

スポンサードリンク




MTの場合のシフトチェンジをする場合、コーナリングをする場合、上り坂等で、それまでの運転とは異なり急激にアクセル操作が変化するような状況では、上手くアクセルペダルを操作しないと、車がガツンとなったりギクシャクしてしまいます。

状況によっては、アクセル操作によっては、そのまま道路上でエンストをしてしまうこともありますので、この場合は、運転が上手い下手以前に、交通事故を誘発してしまいかねませんで、MTを運転している人はなんとしても避けないといけない状況ですね。

アクセル操作をうまくするためには、事前にハンドル操作をある程度身につけておく必要がありますので、急ハンドル操作をしてしまったり、ハンドル操作が雑な人の場合は、アクセル操作を練習する前にかならずハンドル操作から練習しましょう。

 

 

運転が上手くなるための直進時のアクセル操作と練習方法。

 

最初にコーナリング時や坂道での運転ではなくて、直進時の運転の練習をすることから始めますので、その際には、アクセルペダルを踏むと、必ずエンジンの出力が高くなりますので、その時に設定されたギアに適切なペダル操作が出来るようにします。

これに関してはAT(オートマ)の車の場合は単にペダル操作だけになるんですけど、MTの車の場合は、タコメーターの回転数を見ながらアクセルペダルの調整とギアのシフトチェンジをしていくことになりますので、若干練習が必要になる部分です。

アクセルペダルの操作方法の目安としては、各ギアで回転数が同じ上昇率であがっていくようにアクセルペダルを調整しながら踏み込んでいくことであり、ギアによって回転数が極端に高くなったり低くなったりしている運転では駄目だと言えます。

シフトチェンジをしながら回転数が同じ上昇率になるような運転が直線でできるようになっていれば、車の挙動や出力変化が少なくなり、車や同乗者の姿勢も安定しますので、隣りに座っている人の挙動を見ながら練習していくもアリです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme