解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

初心者がMT車のシフトチェンジをスムーズにする方法

運転免許証を取得してから車を購入する場合、最近ではATの車を購入する人が大変多くなってきていますが、純粋に運転そのものを楽しみたい人の場合は、今でも中古車で多いMTの車を購入している人もいますので、MTが今後も無くなることはありません。

ちなみにATとはオートマのことで、MTとはミッションの意味ですので、その違いはギアチェンジを自動でするか手動でするかの違いだけですから、クラッチペダルや周辺の部品は多少違っていても、それ以外の車そのものの部品や構造は全く同じです。

ATの場合は、正直言ってアクセルを踏むだけなので、車両感覚さえ憶えていけば誰でも簡単に運転ができるのですが、MTの場合はそうではない為、MTのシフトチェンジを憶えていかないといけないのですが、初心者にはこれが難しいのです。

私も免許取りたての初心者の時にMTの車を購入したものの、シフトチェンジがなかなかうまく出来ずに、運転中にシフトチェンジをすると、ガクンと車にショックが発生するような状態になってしまっていて、横に乗っている人に怒られていたものです。

 

 

なぜ?、初心者のシフトチェンジがうまくいかないのか?

 

実際にMTの車を運転して見ればわかりますが、車にはスピードメーターの横にタコメーターと呼ばれるエンジンの回転数が表示される大きなメーターがあり、AT車の場合はこれがついていない車もありますが、MT車の場合は必ずタコメーターがついています。

そしてアクセルを踏むとタコメーターの回転数があがっていき、そのままアクセルを踏み続けると、タコメーターがレッドゾーンに突入する為、通常は適切な回転数と速度に合わせてシフトチェンジを行い、ギアを切り替えて速度を上げていきます。

初心者でMTのシフトチェンジが上手く出来ない人、MTのシフトチェンジをするとガツンと車が思いっきり衝撃を受ける人というのは、このタコメーターの回転数が適切な回転数よりも低い位置でシフトチェンジをしている人が殆どになります。

 

 

簡単に初心者でもMTのシフトチェンジをする方法。

スポンサードリンク




 

その為、簡単にシフトチェンジの際の衝撃や振動なくする方法というのは、高速でシフトチェンジをするのではなくて、シフトチェンジをする前に、軽く左足でアクセルペダルを踏んでから回転数を上げます。

それに合わせて、タコメーターの回転数が上昇したタイミングで、シフトレバーに手を載せて軽く抑えるとカツンとミッションが切り替わりシフトチェンジ出来ますので、これなら初心者の方でもスムーズに車の運転をすることが可能になります。

シフトチェンジをする度に、毎回ガツンと車に強烈な衝撃が走っていると、横に乗っている人は不快感しか感じませんし、いつエンストするかも分からない訳ですから、なるべく早い段階で回転数を合わせる練習をしていったほうが良いですね。

ある程度この方法で運転をしていると慣れてきたらヒール・アンド・トゥと呼ばれるシフトチェンジの方法で運転ができるようになりますので、それが出来るようになるまでは、左足でアクセルペダルを煽ってから回転数を上げてシフトチェンジをしましょう。

 

 

初心者がやってしまうあまり良くないシフトチェンジの方法

 

ただ、初心者の際にはこれが本当に分かりにくいので、何故車に衝撃が発生しているのかが分からずに、ついつい半クラッチ状態でシフトチェンジをしてしまう人もいるのですが、それはクラッチに負担がかかりますので止めておきましょう。

私も最初の頃、なぜうまくシフトチェンジが出来ないのかよく分からなくて、色々と1人で練習をして試していると、クラッチを完全に踏み込まない状態、いわゆる半クラッチ状態でシフトチェンジをするとガツンと振動が発生しないことを偶然知りました。

しかし、時速60キロ位で走行中にこれをやってしまうと、当然クラッチにかなりの負担がかかりますし、正しいシフトチェンジの方法ではありませんから、この方法でシフトチェンジをするのではなくて、回転数を併せて完全にクラッチペダルを踏んだ状態でシフトチェンジをする練習をしていくことをお勧めします。

ポイントはシフトチェンジの前に、軽くアクセルペダルを踏んで回転数を上げることですし、これに慣れてきてシフトチェンジの際の回転数が分かってくると、次はヒール・アンド・トゥで車を操作することになりますので、それまではこれで我慢ですね。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme