新型スープラが販売されたら80の中古車が爆上げ?

最近、トヨタが新型のスープラを発売するらしく、そのプロトタイプなのかよくわかりませんけど、新型スープラの画像が公開されていたので見てみたんですが、正直、BMW??って感じでこれまでの80スープラ、70スープラのイメージとは違いました。

多分ですけど、販売価格も新型NSXとかを見ていると、最近の若い人が買えないような相当高額な金額になるのでは?ってのと、購入しても、どノーマルで購入して必要なくなったら売却するって感じの、最近の新車の流れになるのは確実になるでしょうね。

このような状況ですから、新型のスープラが発売されてしまったら、現在の80スープラの中古相場が更に値上がりしそうな雰囲気なので、80スープラが気になる人は早めに状態が良い中古車を探してなんとか購入しておいた方が良いのでは?と感じます。

 

 

新型スープラが販売されたら80の中古車が爆上げ?

 

基本、平成初期の頃に大量に販売されていたGT-RとかRX7等の国産スポーツカーの楽しみといえば、自分の好きな仕様にカスタマイズを行えること、予算があれば本気のエンジンチューン、なければエキマニやマフラーの交換をするライトチューンでした。

しかし、現在発売されている新型のスポーツカーの場合、マフラーやエキマニの交換すらできない状態になっていて、更にはエンジンチューンに関してはナンバーを切って、公道走行不可にしないと車検すら容易に通らなくなっている時代なので大変厳しい。

これから新型のスープラがトヨタから発売される予定ですが、デザインがBMW系統な上にMT仕様があるのかもわからない、それ以前に価格がかなり高額でカスタマイズが殆ど行えない可能性が高いとなると、今後旧車の80スープラが爆上げするかもです。

スポンサードリンク




 

 

既に状態が良い80スープラの中古車は値上げされている?

 

日本の25年落ちの中古車はアメリカの排ガス規制から除外されるため、市場が世界規模になってしまい、それでアメリカの富裕層などがR32GT-RとかNSX等を金の力で買いまくるようなシステムが完成してしまっていて、中古車相場が爆上げしています。

NSX-Rで言えば、既にそのへんのフェラーリよりも高額な中古車が取引をされるようになってしまったり、R32GT-Rが1000万円以上とか、もはや人気の中古車がトヨタ2000GTの後追いをしていて、今後も値下がりする要素がないので確実に高騰ですね。

状態が良い80スープラも、海外でもワイルドスピードで大変な人気車種になっておりノーマル状態では相当な余裕がある車ですから、お金をかけてチューニングを施せば上限が相当高いですから、カスタマイズ可能なハイパワーFRとして値上がり中です。

 

 

80スープラを本気で乗りたいなら年収3000万では不足?

 

今後、新型スープラの発売後、かなりの確率で中古の80スープラの相場が爆上げする恐れがあるので、早めに予算ギリギリで80スープラの中古車を購入しようと思っているのであれば、この車は相当なお金が必要になりますのでその点を注意しましょう。

特にワイルドスピードのような最高速仕様にチューニングを施す場合、年収3000万円では破産してしまいかねない位の状態になり私の友人も80スープラにお金をかけすぎて年収3000万円くらいだったと思うんですけど、現在破産したって話を聞いてます。

80スープラはデザインもワイルドでかっこよく、エイリアンみたいな社外エアロなども豊富であり、車体も大きくエンジンチューンもやればやるほど性能が上がっていくんですが、兎に角拘るほどお金がかかる車になり、ドンガラまでやると借金だらけです。

ドンガラというのは80スープラをチューニングショップでバラバラにして、エンジンチューン、ミッションチューン、レーシングカーの制作をしているプロにワンオフでサスペンションの制作を依頼した際に、ボディを全てバラして再度組み上げることです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク