2年以上放置した車の車検費用の見積もりは50万円

色々と諸事情があり、車を駐車場に2年以上放置しているのですが、ナンバーも切ってませんし、自動車保険にも加入しているので、毎年ソニー損保の更新時には走行距離0キロで更新をして、保険料を支払っているので、なんか最近勿体無い気もしています。

それで、駐車場に放置してから2年以上で3年目になろうか?の状態になっているんですが、そろそろ車検整備に出そうかな?と考えたので、行きつけのチューニングプロショップの社長に相談をしてみたんですが、大雑把に車検費用の見積もりをしました。

その結果、実際に車を診断していないので正確な見積もりは出せないけど、3年位車を放置していた場合、オイル回りのゴム、シール、サスペンション回りは全て交換、オーバーホールになる可能性があるので、多分、車検50万円位ではって話になりました。

 

 

2年以上放置した車の車検費用の見積もりは50万円。

 

車検費用が50万円と聞くと、安いのでは?とか、普通でしょ?って回答するのは外車を持っているオーナーくらいで、私友人はBMWの車検で50万円くらい、ぶつけた際の修理代は80万円って話していましたし、ポルシェの限定者の場合、部品代以下です。

ですから、販売価格が1000万円を超える外車を所有している人なら、車検費用50万円ってのは安いと感じるかもしれませんが、国産車ではR35GT-Rとかレクサス等を除き、異常とも思える高額な金額になりますから、車検費用50万円?ってなりますね。

これが、日常的に使っている車であれば、オイルやガソリンに関わる、ゴムやシール部分の交換が必要になることはなく、長期間放置する事により、ゴムが硬化してしまい、特にオイル回りのゴムは全て交換が好ましく、サスペンションはオーバーホールです。

スポンサードリンク




 

 

完全室内の駐車場やガレージでもゴムの劣化は止まらない?

 

駐車場は完全に密閉されていて、太陽の紫外線や雨風には全くさらされない場所に保管しているので、車はきれいな状態なんですけど、ゴム関係は空気に触れている時点で劣化が進んでいくので、これの対処法は普段から車を使うことのみですから放置は駄目。

しかし、放置しないといけない理由があるので車を放置していて、処分もしていない訳ですから、普段から車を適度に使って運転をすることが重要で、適当にエンジンをかけて温めるってのは駄目らしいですから、普段から運転をすることが需要という事です。

安くすれば30万円位で車検費用は収まるかもしれないとのことなのですが、使っていない車のオイル回りのゴムパーツは劣化が避けられないし、その交換、洗浄等で工賃などもかかってしまうので、数回分の車検費用が纏めて必要になるって感じですね。

 

 

車両整備工場にはレッカーで持って行くことになりそう。

 

当然ですが、バッテリーは完全に使えなくなっているのと、ガソリンタンクのガソリンは腐っていて使えない状態ですから、放置していた車はレッカー移動で車両整備工場に持っていくしかなく、その費用もかかるので、本当に数年放置すると車検が大変です。

この場合、保険会社に相談をすると、無料で車両整備工場までもっていってくれるとのことで、保険会社に相談をしてみては?とのことなんですが、どのみちオイル漏れが疑われている以上、走行中にトラブルになれば、修理工場までレッカーになりますね。

その事を考えると、走行時にトラブルになったり、駐車場でトラブルになった車をレッカーしてくれるサービスが付いている自動車保険に加入しておいたほうがよく、ソニー損保の場合は、JAFよりも無料レッカーの範囲が広いですから、保険会社も重要です。

室内で保管しているのですが、駐車場代だけでも数百万円以上かかってますので、それを考えれば、一旦実家に持って帰って駐車場代を節約していれば、普通に国産車が購入できるくらいの駐車場代、保険料、自動車税を払っているので、お金勿体無いですね。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク