解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車を処分する2つの方法|買取専門店と廃車買取の違い

車を所有していてもいつかは使わなくなる人もいる訳で、駐車場に長期間放置していたり、交通事故を起こしてしまってもう運転できない車を自宅駐車場に保管していたり、古くなって調子が悪くなった車を保管していたり色々事情があると思います。

思い入れのある車の場合、将来的にお金をためて整備をして乗ろうと思っていても、結局はその機会が中々訪れることなく、ズルズルと実家の駐車場で車検が切れた状態で何年間も車を保管している人もいますが、中々お金は貯まるものではありません。

ただ、車は処分をするにしてもお金がかかりますし、保管していてもお金がかかりますので、使わない車は思い切って処分したほうが良いのですが、車検が残っていて自走できる車ならまだ、中古車販売店で売ることも可能ですが、不動車はそれも無理です。

専門業者を呼んでローダーと呼ばれている、車を運搬するトラックに積み込めばどのような車でも移動させることができるのですが、それをするには数万円の費用が必要になりますし、仮ナンバーを取得するにしても自賠責加入や費用が必要になってきます。

ですから、何をしてもお金がかかる車を処分することは大変ですし、廃車の処理をするにしてもお金が必要になりますので、そのまま放置している人も少なくはないのですが、車検が残っている車なら支払ったお金が戻ってくることをご存知でしょうか?

 

 

車検の残っている車を廃車にすると税金や強制保険が戻ってきます。

 

実際に、私も車検が残っている車で交通事故を起こしてしまって、そのまま廃車になることが決定した際に初めて知ったんですけど、車を維持する際に支払っている重量税や自賠責強制保険の保険料が月割りされた状態で還付されることになります。

還付に関しては廃車の処理をした後に、自動的にそれが行われていた記憶がありますので、特に何をすることもないのですが、もし交通事故を起こしてしまって、そのまま自宅に保管していた場合は、この税金や保険の還付がされることなく車検が切れます。

余程思い入れのある車でしたら、何とか将来修理して使いたいけど、お金がないので今は自宅の駐車場に保管しておくといった考え方もできるのかもしれませんが、そうでない場合は、思い切って廃車の処理をしたほうが税金が戻ってくるので良い訳です。

しかし、廃車をしようとすると、私も経験がありますけど、15000円から20000円位の費用がかかってしまうため、知らずに専門業者にそのお金を支払って車の廃車処理をしてしまった事があるのですが、実は車の処分を0円でする方法があるのをご存知でしょうか?

 

 

市場価値のある車の処分は買取専門店へ、価値のない車は廃車買取へ。

 

車を処分する場合、市場価値があり車検が残っていて、動く車であれば普通は中古車買取専門店に行けばその場で査定してくれますので、市場価値に合わせてその車を買い取りしてくれます。

特に、高年式の人気車種なら、「【車選び.com】」のような買取専門店がかなりの金額で買い取ってくれることもありますし、希少価値があるとか中古市場で高くれるような車でしたら、尚更高く購入してくれるか、ぜひ売って欲しいとお願いされる状態になります。

スポンサードリンク




しかし、買取ができない中古車というもの存在していて、そのような車を買取専門店に持ち込んでも0円の査定しか出ませんし、買い取りそのものを拒否されているわけですから、その場合は友人などに譲るとか、数万円で売れれば売却をすることになります。

このように市場価値がまったくなくて買い取り拒否をされる中古車、古くなりすぎて動かない中古車、交通事故を起こして動かない中古車、車検が切れてしまってもう使うことがない中古車等は処分するにもお金が必要になってくるので扱いに困ります。

そのような場合は、廃車買取専門業者というのが存在していて、そこに相談をすればお金を支払ってくれなくても無料でいらない車を引き取ってくれますから、そのような場合に該当するのであれば利用しておくと大変スムーズに処分ができます。

その際に、車検が残っていたら還付される税金や自賠責強制保険の保険料も廃車買取業者が支払ってくれますし、廃車引き取りの際のローダー手配の費用も掛からないので、結局負担金は0円で、車検が残っていればその分の費用が戻ってくる事になります。

また、「【廃車ラボ】」のような廃車買取業者であっても、価値がある車の場合、若干の買い取り費用を上乗せしてくれることもあるらしいので、その点は引き取る車の状態や年式によってかわってきますから、要相談の部分です。

 

 

廃車買取業者は何故価値がない車を無料で引き取ってくれるのか?

 

ここで、ある疑問が出てくるかと思いますが、廃車買取業者がなぜ?、動かない車、車検が切れた車、交通事故でもうエンジンが掛からない車を、態々無料で引きといって、廃車の費用20000円位も請求しないのかといった疑問が出てくるかと思います。

なぜなら、ボランティアでそのようなことをやっていたら、大赤字になってしまって税金で賄われている団体でもない限り、いつまでも事業を継続できないからであり、それが出来ているということは、廃車したい車を無料で引き取ることにより利益が出ているということになります。

廃車買取業者の利益は、実は車の部品や鉄としてのリサイクル部品として、バラバラにして販売をすることにより利益を出していて、車の中古部品なども市場ではそれなりに値段がつきますし、車のボディーも鉄の塊なので市場で取引できます。

また、海外では日本の車が大人気なので、格安で海外に持ち出せば部品もさらに需要がありますので、廃車買取業者はその独自のルートを持っているため、無料で引取を行い、廃車の代金も請求することなく、営業していることになります。

ですから、中古車を処分する際には、市場価値がある車なら「車を売るなら「車選び.com」」のような買取専門店に相談をしてみて、もう動かないし価値もないので廃車にする場合は「【廃車ラボ】」に相談をすれば、速やかに車を手放すことが出来て、無駄なお金を使わなくて済みます。

友人などがどうしてもその車を譲って欲しいと相談してきた場合は、名義変更と税金や自賠責強制保険の還付処理をきちんとしてから、譲渡なりの手続きをしておくようにしないと、後々色々と問題が出ることがあります。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme