解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

交通事故の際に車両保険で社外パーツ代は支払われる?

車を運転していると誰もが巻き込まれる可能性があるのが交通事故になる訳ですが、この交通事故の際に自分の過失割合に関係なく保険料を支払ってくれるのが、人身傷害保険と車両保険であり、車の修理代に関しては車両保険で全て対応が可能です。

それとは反対に、車に乗っていた人の病院代などを過失割合無しに全額支払ってくれるのが人身傷害保険になりますので、正直言ってお金の問題だけで済む車両保険よりも、病院にかかる費用やリハビリ費用、後遺障害などが発生した場合を考えると、人身傷害保険は相当重要な保険であることがわかります。

では、車に社外品のパーツを沢山取り付けている場合等でしたら、そのパーツの修理代に車両保険が適用できるのか疑問になる方もいるかもしれませんが、車両保険の場合は壊れたものを修理する保険ですから、社外パーツでも全く問題はありません。

ただし、車両保険には保険金額が必ず設定されていて、その金額が180万円の場合は、それ以上の金額が支払われることはありませんので、例えば大げさな架空の話ですけど、高額な500万円のバンパーを取り付けていて、それが破損したからといっても支払われる修理代は180万円が限界になります。

 

 

交通事故の修理代で社外パーツを購入することは出来るのか?

 

車両保険から保険金が支払われる場合、保険金の最大金額まで良いのだったら、高額な社外品のパーツに交換してそれで最大限まで保険料を支払ってもらえば良いと考える人も出てくるかもしれませんけど、当然ですがそのようなことは出来ません。

車の修理に保険会社が関わる場合、いわゆる保険会社が支払いをする場合は、修理工場で交換前の破損した部品と交換後の修理した部品を必ず写真で撮影してから保険会社が確認するようになっているため、勝手なことは出来ないようになっています。

それを見て不審な点があれば当然、保険会社から何かしらの確認の通知が行われますので、車両保険に入っているから限度額まで何でもかんでも保険金を使っても良いと言ったわけでもありませんので、修理については保険会社の交渉になります。

スポンサードリンク


よって、交通事故の修理の際に欲しい社外パーツに交換したい場合などは、その都度事情を話して保険会社の交渉になり、保険会社がOKをすれば可能になる流れになりますので、何かあれば事情を説明して見るのは良いかもしれません。

例えば、現在つけているバンパーはもう発売されていないので、同じものを交換することが出来ないため、同程度の金額の他の社外品のバンパーに交換したいけど、それで大丈夫なのか?、このようにその修理の際に毎回個別に保険会社と相談をすることになります。

保険金で車の週をする場合は、勝手な修理はできませんから、全て保険金に確認を取ることになるんですけど、大抵はそれは修理工場が保険会社と交渉をしてくれますので、特に意識する必要はありませんが、何かあれば保険会社との相談になるかと思います。

 

 

車両保険で修理する場合純正パーツなら何ら問題はありません。

 

まあ、当たり前のことなんですけど、私の場合は社外品のパーツを車に取り付けていませんので、相手に車をぶつけられた際にも、純正部品の交換だけで終わっていますので、それでトラブルになったことは一度もありません。

相手の車にぶつけられた場合など、高額な社外品パーツを取り付けている場合、更にはその車の価値が殆ど無いとかかなり低い金額に設定されている場合、保険会社が社外パーツの修理代を支払うことなく経済的全損扱いにすることも無いわけではありません。

ですから、高額な社外パーツを取り付けている車が、かなり年式が古い車であり、市場的な価値が殆どないと保険会社に認識されている場合は、仮に相手に100%の過失がある事故であっても、修理代が満足に支払われない場合があるので注意が必要です。

車両保険で設定されている金額内でしたら普通に社外品パーツだろうが車の修理代は支払われますので、特殊な社外品パーツを取り付けているなど、その辺の事情が気になるようでしたら代理店か、保険会社に事前に確認を取るようにしておきましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme