解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車両盗難対策にはエコノミー車両保険で良いので加入

ここ最近、日本でも車の盗難被害が増えてきていており、ランドクルーザー、ハイエース、インプレッサ、ランサーエボシューション、インテグラTYPE-Rなど、日本を代表する車が徹底的に盗難の被害に遭遇している現状があります。

車の盗難については警察も真剣に捜査をしてくれない感じで書類だけを制作して終わることもありますし仮に車を盗んだ犯人が逮捕されても、車は既に海外に流れていたり、バラバラになってパーツだけ盗まれて消化器をまかれていたりすることも普通です。

これがどのような結果になるのかと言えば、被害者が泣き寝入りをしてしまうことが大変多く、車を盗まれてしまった時点で、もうその車が無事な状態で返ってくることはない事を理解しないといけなくなりますので、本当に辛い話になるわけです。

これまで、私は一度も車を盗まれたことがないのですが、周囲では車を盗まれてしまった人も少なからずいますので、その際に盗まれた人がどうなったのかについて、車を盗まれてしまった際の事前対策についてご説明したいと思います。

 

 

車を盗まれた際には車両保険加入の有無で全てが決まります。

 

車の盗難被害に遭遇した場合、警察が犯人を捕まえても、車が元の状態で手元に戻ってくることは殆どありませんので、盗まれる=保険で対応する位に思っておいたほうがよくて、その際に重要になるのがご存知車両保険の加入の有無になります。

ここで、車両保険に加入している場合、車が盗難された場合でも保険金額の最大値まで保険金が支払われますので、それで車の所有権は保険会社に移りますから、後で盗まれた車がどのような状態で見つかったとしても、保険金で解決することが出来ます。

ただし、その盗まれた車への思い入れや愛着は保険金では解決できないことが多くて、犯人になんとかしてやろうと思うかもしれませんが、車の盗難によるその類の賠償請求は出来ませんので、この部分だけについては割り切っていくしかありません。

スポンサードリンク


 

 

車両盗難をする犯人には支払い能力がなく車も原形を保っていない。

 

また、車を盗むような犯人には支払い能力がまったくないことが大変多いので、車が無残な姿で発見されようが、犯人がつまろうが、結局被害者は泣き寝入りをしないといけなくなりますから、それを防ぐために車両保険という保険があるのです。

車の盗難被害の対策は色々な防犯グッツや駐車場でも対策はできるのですが、車が盗まれた後に対策は基本的には車両保険以外では対応できませんので、多少料金が高くなるにしろ、車両保険に加入しておいたほうが安心感がありますね。

私の友人たちは皆さん車両保険に加入していたので、車は盗まれてしまって相当激怒していましたが、それでも保険金が満額入ってくることにより、その怒りを鎮めることが出来たのですが、これが車両保険に入っていなかったらどうなっていたでしょう?

盗まれたローンだけ残ってしまって、警察からは何度も呼び出されるし、車は盗まれて精神的なダメージも大きいしで、多分、相当な辛い思いをすることになったでしょう。

 

 

車両盗難対策にはエコノミー車両保険で良いので加入しておきます。

 

車両保険には一般車両保険とエコノミー車両保険の2種類がありますけど、車の盗難被害の場合、普通はどちらの車両保険でも保険対象になりますので、一般車両保険が高いと感じる人であれば、エコノミー車両保険に加入しておけば問題ありません。

車の当て逃げ事故の場合等は、エコノミー車両保険でしたら相手の車が分からないと保険金が出ないのですが、車そのものが盗難された場合は、エコノミー車両保険でも普通に保険金が支払われますので、盗難対策目的ならエコノミー車両保険で大丈夫です。

当然ですが、車が盗まれた後に車両保険に加入しても一切保険金は出ませんので、必ず事前にエコノミー車両保険で良いので、契約変更をしておく必要がありますので、ご注意下さい。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme