解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

初心者が車の運転練習に適した場所は土日の埠頭

自動車教習所を卒業して免許を取得したばかりの頃は、本当に普通に公道を運転するだけでも大変であり、怖くて車庫入れも出来ない人が沢山いるかと思いますが、実は私も最初の頃はそんな感じで、信号待ちの坂道などはエンストがとても怖かったものです。

ですから、そのような場合は何処か安全な広い場所で隣に運転に慣れている人に座ってもらって、その人の車を借りて運転の練習をしておいたほうが、心の気持ち的にも全然ゆとりと余裕が違ってきますので、出来れば暫くの間は練習をするのが無難です。

大抵、どのような場所であっても、大きな埠頭のような場所が用意されていて、クローズドの場所に入るのはダメですけど、昼間であれば誰でもその埠頭に車で入っていくことが出来、実際に多くの人が車を止めて寝ていたり釣りをしている事が多いですね。

 

 

ここ最近は埠頭にテロ防止の巨大な柵が作られていることもあります。

 

ただ、最近ではテロ禁止がどうのこうのと書かれたゲートが埠頭に設置されていて、中に入れないようになってしまっている埠頭も多くなってきており、私が埠頭で練習をしていた頃とは事情が変わってきているようなのですが、アレって意味あるんですかね?

以前、若い子から練習場所が何処かないかと相談されて、ああ、それならあの埠頭に行けばいいよと教えたんですけど、実際に埠頭に行ったら巨大なテロ防止と書かれたゲートが作られていて中に入れなくなっていた・・・、こんな話もありました。

スポンサードリンク




埠頭によっても一般車両立入禁止の場所には入っていくことはよくありませんので、誰でも入っていけるようなオープンな場所を選んでそこで練習をすることになりますし、私も最初は埠頭でジムニーを借りて運転をしながら必死で練習をしていました。

また、埠頭は土日になると殆ど営業車両も走行しておらず、人や車がかなりいなくなりますので、そのような広いスペースを使って、隣にベテランに座ってもらい、発進やシフト操作車庫入れやハンドルの切り方などを指導してもらいながら憶えていきます。

 

 

免許を取得したら土日の週末に埠頭に行って運転の練習をしよう。

 

運転免許を取得したら合法的に公道で運転ができるようになりますので、基本は何処で運転をしてもよいのですが、車両感覚はまだ殆どありませんし、肝心のバックや車庫入れも全然出来ないのが普通なので、何とか真っ直ぐ走ることができる状態が殆どです。

そのような人こそ、土日に埠頭に行って、広々とした場所で車の運転の練習をして、半クラッチ操作や車両感覚、特に車で出かけた際に必ず必要になるであろうバックでの車庫入れの練習を徹底的にやっておいた方が何かと便利です。

他にも広い場所があればよいのですけど、スーパーの駐車場で練習をするわけにも生きませんし、サーキットなどは問題外ですから、最近埠頭にゲートが作られている話を効くと、以前のように初心者が運転の練習できる場所として、土日くらいは埠頭を一般開放していってほしいものですね。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme