解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

日本国内で左ハンドルの外車を購入すると一番困る事

車を購入する際に、多くの人は価格がお手頃の国産車を購入するのでしょうけど、ある程度お金に余裕がある人の場合、国産車ではなくてBWMやベンツ、ポルシェやフェラーリ等の価格の高い外車を購入することになる人も少なくはありません。

フェラーリについては、相当価格が高いこともありますけど、中古市場での売却価格が大変高くて他のどの車よりも安定して取引することが出来るため、もしもの時に資産として購入している人もいらっしゃいますけど、本当に全然値段が下がりません。

ただ、価格が高い外車と呼ばれる海外の自動車メーカーが製造販売している車の場合は、大抵はハンドルが左側についていることが多くて、右ハンドルなのは日本とかイギリスの自動車メーカーくらいですから、グローバルでは左ハンドルなのです。

 

 

外車も右ハンドルと左ハンドルを選べる時代になりました。

 

その為、以前でしたらポルシェの911シリーズを購入しようとすると、その殆どが左ハンドルの車になっていた時代もあったのですが、最近では多くのメーカーが右ハンドル設定の車も扱うようになり、ポルシェであっても普通に国産車と同じような感覚で運転が可能になりました。

東京ではポルシェのカイエンを運転している主婦の方が大変多いので、右ハンドルでオートマの車を扱うようになったため、パワーやトルクは高くても、安心して主婦でも普通に運転ができる車をポルシェも扱い初めているわけです。

そこで、ポルシェなどの元々左ハンドルの車を購入しようとした際に、日本国内で扱われている右ハンドルのポルシェにしたほうが良いのか、グローバルな左ハンドルのポルシェにしたほうが良いのか悩む方も多いかと思います。

これは、BMWとかベンツなども同様に、外車であっても庶民が少し頑張れば購入することが出来る車の場合は、右ハンドル仕様と、左ハンドル仕様の好きな方を購入する人が選択できる時代になっているので、どちらがいいかといった話になります。

スポンサードリンク


 

 

日本国内で利用するのでしたら右ハンドルが断然メリットがあります。

 

海外でしたら、左ハンドルの車を運転することが前提に道路やそれに関わるパーキング等が全て左ハンドル仕様で作られているので、逆に右ハンドルの車だと不便で仕方がない状態になるのですが、日本の場合は当然右ハンドルの車全体で道路が整備されています。

それ故に、左ハンドルの車で生活をしていると、スーパーやホームセンターに出かけた際に、右ハンドル前提で作られているパーキングチケットを取りにくいとか、高速道路のチケットを取りにくい、と言った問題が発生しますので、この点は要注意です。

その他の問題は特にありませんので、左ハンドル出会っても右ハンドルであっても困ることは殆どないのですが、車に乗ったままないかしらのチケットを取る場合は、1人で運転をすることが多い人であれば、一旦車を降りてチケットを取らないといけなくなることもあります。

 

 

右ハンドルと左ハンドルの車は好きな方を購入しましょう。

 

ですから、スーパーなどに車で出かけて、スーパーのパーキングチケットを取る際に、一旦車を降りてチケットを取っている人がいれば、大抵は左ハンドルの外車に乗っている人ですから、見ていると案外そういった人を見かけることも有りますね。

日本国内でポルシェ等の外車を購入する場合、左ハンドルと右ハンドルのどちらを選べばよいのかと言えば、正直言って日本は右ハンドルの車前提のサービスで道路事情が設計されていることさえ知っていれば、あとは好きな方を購入すればよいだけです。

数年で売却予定の車であるなら、売却時にその車はどちらのハンドルの車のほうが高く売れるのかを事前に調べて購入しても良いですし、左ハンドルにこだわるのであれば、多少の利便性を放置してもそちらを選んでおけば大丈夫です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme