解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

自動車任意保険|人身傷害と車両保険は誰の為の保険?

車を運転している人の多くが加入するであろう自動車任意保険については、かつては自分が交通事故を起こした際に、相手の車の修理代や相手がケガをした際の病院代の支払い、慰謝料などの支払いに使うためのものと言った考え方が一般的でした。

しかし、最近では、自動車任意保険は自分の身を守る為の保険に切り替わりつつあり、確かに交通事故を起こした際に必要な保険であることには変わらないのですけど、任意保険に加入していない人も増えてきている為、その際に泣き寝入りしないように保険に入る考え方の人も増えてきています。

これは、無保険車相手に交通事故を起こした場合、確かに法律上は相手に全面的に責任があり、賠償命令が出たとしても、現実問題として支払い能力が全くない場合が多くて、このような相手はまともな相手ではない為、全く保障を期待できないからです。

 

 

交通事故で相手の過失割合が100%でも保険が必要な理由。

 

その場合、相手の過失割合が100%であったとしても、被害者側が完全な泣き寝入りで自己負担で車の修理代や病院代などを負担しないといけないことになりますので、その負担を避ける為に、自動車任意保険保険に加入する人もいるというわけです。

実際、年々任意保険の加入率が減ってきていますし、無免許運転で無車検の車や飲酒運転の車がセンターラインを超えて正面衝突をしてきても、相手に支払い能力がない場合や、一般常識がない場合は、自分の自動車任意保険に助けられることになります。

落ち度がない交通事故被害にあって、それで、保険も自分の保険を使うことに納得が行かない人が大半でしょうけど、交通事故の相手に一般常識がなく支払い能力も支払い意思もない場合は、日本政府も警察も何もしれくれませんので、自分で対応するしかない現状があります。

自動車任意保険は相手の為よりも自分の為に使わないといけない時代がきていますが、今後ますますその影響が強くなるでしょうから、より保険の強化をして悪質なドライバーが引き起こす事故から身を守る対策をとることになります。

スポンサードリンク




 

 

自分の為に使う保険は人身傷害と車両保険の加入です。

 

自動車任意保険の場合、大きく分けて、対人、対物、人身傷害、車両保険とありますが、対人と対物が交通事故の相手の為に使う保険であるのとは対象に、人身傷害と車両保険はそれとは反対に交通事故の際に自分の為に使う保険になります。

その為、無保険車と交通事故を起こした場合など、最近では契約状況により、無保険車傷害保険が最初から付いている自動車任意保険も増えてきていますが、過失割合に関係なく医療費が保険で全額負担される人身傷害は必須になってきています。

無保険車傷害保険については、人身傷害の契約をしていない場合で、自動車任意保険を契約している車両に搭乗中の場合のみに支払われる保険で、死亡時や障害が残った場合のみに支払われますので、当然ですが、医療費対応の人身傷害の方が圧倒的に保証が充実しています。

 

 

人身傷害と車両保険の加入はできるならやっておくべき。

 

車両保険については必要でない場合は高額な保険料になる為、外している人もいるのですが、相手がぶつかって破損した車の修理代を支払わない場合は、車の修理代も全額自己負担になることもありますので、それを避ける為には車両保険は必須になります。

ただ、車両保険自体が車の種類や契約者の年齢によって大変高額になることもある為、新車で購入した車の場合はともかく、中古車などでは車両保険に加入していない人も多いので、もう少し安くなってくれると嬉しいところです。

自分を守る為には人身傷害への加入は必須であり、車を守る為には車両保険が必須になりますので、それと合わせて相手に支払うべき対人無制限、対物無制限にも加入しておくと、一応の安定感を自動車任意保険から得られることができます。

具体的には、自動車任意保険に加入する場合、対物無制限、対人無制限、人身傷害無制限、車両保険に加入しておけば、最も高い保障を得られることになりますので、自分が加害者になった際、被害者になった際、両方共で安心感が得られます。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme